イニエスタ選手等がスポーツSNSの立ち上げを発表!目的はファンとの交流!

tokenNEWS

サッカースペイン代表で、ヴィッセル神戸への移籍が決まっているアンドレス・イニエスタ選手や元スペイン代表のカルレス・プジョル氏等が、15日にブロックチェーンを基盤としたスポーツSNSの立ち上げを発表しました。
立ち上げたSNSはファンとの交流する場の提供を目的としたもので、「Olyseum(オリセーム)」と呼ばれます

 

企業のホームページでは「コミュニティを通じてアイドルが収入を増やす一方で、ブロックチェーンを利用する事で報酬システムを活用し、ファンに恩返しが可能」としています。

オリセームは2018年末にアプリをリリースする予定で、W杯ロシア大会が始まった事に合わせて試験的な運用も開始しました。
オリセームは2018年に始まったプロジェクトではなく、2016年にスペインで立ち上げられたスポーツSNSで今回はブロックチェーンを導入する、つまりアップデートした形になります

 

ブロックチェーン技術に興味を持つサッカー選手はイニエスタ氏だけではなく、アルゼンチン代表のリオネル・メッシ氏もブロックチェーンを採用したスマートフォンの開発を手掛ける「シリン・ラボ」の大使を務め、2018年5月にはハメス・ロドリゲス氏も自身で仮想通貨「R10」の発行を行う等盛況です。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ロシアの情報機関のハッカーがマネーロンダリングにビットコインを利用? 安全神話が崩れる?

仮想通貨の匿名性については以前から、マネーロンダリングやテロ資金供与に利用される可能性について指摘・ …

tokenNEWS
CFA協会のアナリスト試験に仮想通貨とブロックチェーンのトピックが追加! 徐々に浸透してきた模様

CFA協会と言えば、投資に関する国際資格の認定を行う団体ですが、そのCFA協会が実施する認定証券アナ …

tokenNEWS
マルタにビットコインATMが登場!仮想通貨と現金の相互の両替は世界初?

バイナンスの誘致以降、正に飛ぶ鳥の勢いの様に話題が尽きないマルタですが、世界初となる「仮想通貨と現金 …