インド中央銀行の仮想通貨禁止は撤回の可能性あり?

tokenNEWS

インド準備銀行(RBI)がインド国内の銀行に対して仮想売通貨関連の取引禁止を通達していますが、RBIが独自の仮想通貨の発行をリサーチを重ねている事から、将来的には禁止を撤回する可能性があると、リップルは考えています。

 

リップルは2017年、ムンバイにオフィスを構えたと報じられています。
リップルのインフラ・イノベーション担当の責任者であるディリップ・ラオ氏は、銀行間のインフラが整備されていない国は、銀行のインフラの代わりとして仮想通貨をベースとした決済システムを採用する傾向があるという考えを述べています。

 

RBIは仮想通貨に対して強硬な姿勢を見せており、インド国内の仮想通貨関連企業への締め付けが訴訟に繋がっているケースもあり、銀行が仮想通貨企業と取引を禁止する事は、インドの憲法に違反するとい主張する弁護士も存在します。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
2018年7月21日21時からG20会議が開催!仮想通貨の議題とは?

本日21時からG20会議が開催、開催されるというか「また」開催されます。 今回の会議では議題に仮想通 …

tokenNEWS
ベトナム中央銀行が、仮想通貨マイニングマシンの輸入を停止!

2018年6月7日のこちらの記事にて、ベトナムに於けるマイニング機器の輸入提言が出された事は比較的記 …

tokenNEWS
GMOが最新技術を盛り込んだネット銀行の運営を始める

日本だとあまり盛り上がっていないジャンルと言えばIoT、人工知能(AI)さらにブロックチェーンや仮想 …