ICO市場は2段階で審判の日を迎える

tokenNEWS

シカゴ・オプション取引所()CBOEのクリス・コノキャノン社長が、ICO市場が2段階に渡って審判の日を迎える可能性がある事を警告しました。

 

審判の日というのはキリスト教における、世界の終わりを表す日の事を指しますが、コノキャノン氏は第一段階でSECがICOを未登録の有価証券と認定・分類する事で投資家が保有しているICOトークンが無価値になり、次の段階でICOプロジェクトを推進している企業に対する訴訟が相次いで発生する事になる、とのことです。

 

コノキャノン氏は、誰かが未登録のトークンを提供した場合、未登録の証券を発行したという事になるため、訴訟リスクが発生するとし、ICO投資家に多大なリスクを背負わせる事になるとしています。

 

現時点でSECが過去のICOトークンにまで追求するかはわからないとていますが、同時に「SECは関与した人物を即座に違法と見なして取り締まるわけでもない」としています。

 

2017年のICO市場は4500億円程となっていますが、2018年は7600億円以上に達するという見通しを立てています。
この2年で倍近くになるであろうICO市場ですが、アメリカの規制当局は違法業者に対してはカナダと合同で調査を行い、70件近くが調査対象になっています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ロシアの情報機関のハッカーがマネーロンダリングにビットコインを利用? 安全神話が崩れる?

仮想通貨の匿名性については以前から、マネーロンダリングやテロ資金供与に利用される可能性について指摘・ …

tokenNEWS
CFA協会のアナリスト試験に仮想通貨とブロックチェーンのトピックが追加! 徐々に浸透してきた模様

CFA協会と言えば、投資に関する国際資格の認定を行う団体ですが、そのCFA協会が実施する認定証券アナ …

tokenNEWS
マルタにビットコインATMが登場!仮想通貨と現金の相互の両替は世界初?

バイナンスの誘致以降、正に飛ぶ鳥の勢いの様に話題が尽きないマルタですが、世界初となる「仮想通貨と現金 …