アメリカIBMとNGOがブロックチェーンを利用した寄付プラットフォームコンテンストを開催!

tokenNEWS

アメリカIBMは貧困の撲滅に取り組んでいるNGO「グローバル・シチズン」と提携し、慈善団体向けの寄付用ブロックチェーン・プラットフォームのコンテンストを主催する事を発表しました。

 

IBMによると慈善団体の問題は、寄付金が目的に対して確実に、それが効率よく有効に利用される事だとし、寄付プラットフォームコンテンストは、慈善団体が資金を受け取ってから、資金の活用までを追跡する事が可能である事を目的とし、プラットフォーム構築に対してインセンティブを与える事を目指します。

今回のコンテストは「チャレンジ・アクセプティド」と名付けられ、IBMのブロックチェーン上に3者のネットワークを構築する必要があります。
プラットフォームは寄付金・資金は政府の手で送金され、慈善団体に登録、グローバルシチズンによって認証されます。

 

優勝者は、IBMのウェブサイト上で紹介されるほど、アプリケーションの実装についてIBMやグローバルシチズンと話し合う事が可能です。
制作したコードは同様のプロジェクトに取り組むプログラマーも使用可能になります。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
南アフリカ警察が、投資家2万8千人に被害を与えた仮想通貨ポンジ・スキーム疑惑を捜査!

南アフリカ警察が、大規模な仮想通貨投資詐欺疑惑を追跡しているという声明を発表し話題になっています。 …

tokenNEWS
EOSメインネット移行目前!ユーザーの過半数が未登録状態。EOSトークンのスワップ方法を纏めてみた

EOSは6月初頭に1年間行っていたICOを終了し、メインネットに移行します。   メインネ …

tokenNEWS
中国の深セン市とテンセントが提携してブロックチェーンを利用した脱税対策へ!

深セン市国家税務局は、ブロックチェーンを利用した脱税対策と税務管理の効率化の為にテンセントと提携、智 …