アメリカIBMとNGOがブロックチェーンを利用した寄付プラットフォームコンテンストを開催!

tokenNEWS

アメリカIBMは貧困の撲滅に取り組んでいるNGO「グローバル・シチズン」と提携し、慈善団体向けの寄付用ブロックチェーン・プラットフォームのコンテンストを主催する事を発表しました。

 

IBMによると慈善団体の問題は、寄付金が目的に対して確実に、それが効率よく有効に利用される事だとし、寄付プラットフォームコンテンストは、慈善団体が資金を受け取ってから、資金の活用までを追跡する事が可能である事を目的とし、プラットフォーム構築に対してインセンティブを与える事を目指します。

今回のコンテストは「チャレンジ・アクセプティド」と名付けられ、IBMのブロックチェーン上に3者のネットワークを構築する必要があります。
プラットフォームは寄付金・資金は政府の手で送金され、慈善団体に登録、グローバルシチズンによって認証されます。

 

優勝者は、IBMのウェブサイト上で紹介されるほど、アプリケーションの実装についてIBMやグローバルシチズンと話し合う事が可能です。
制作したコードは同様のプロジェクトに取り組むプログラマーも使用可能になります。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
2018年7月21日21時からG20会議が開催!仮想通貨の議題とは?

本日21時からG20会議が開催、開催されるというか「また」開催されます。 今回の会議では議題に仮想通 …

tokenNEWS
ベトナム中央銀行が、仮想通貨マイニングマシンの輸入を停止!

2018年6月7日のこちらの記事にて、ベトナムに於けるマイニング機器の輸入提言が出された事は比較的記 …

tokenNEWS
GMOが最新技術を盛り込んだネット銀行の運営を始める

日本だとあまり盛り上がっていないジャンルと言えばIoT、人工知能(AI)さらにブロックチェーンや仮想 …