Hyperledger(ハイパーレッジャー)代表ブライアン・ベエレンドルフ氏が大胆な指摘「ブロックチェーンはグーグル等の大企業の影響力を弱める」

tokenNEWS

ハイパーレッジャー代表のブライアン・ベエレンドルフ氏が現在世界中で開発競争となっているブロックチェーンについて、大手企業の影響力を弱める事を期待していると述べて、次世代の技術がシリコンバレー以外のところで開発されるという強気の予想を立てました。
ベエレンドルフ氏によればシリコンバレーの大企業には「盲点がある」との事です。

 

同氏によれば、現在グーグルやアマゾンといったシリコンバレー発の大手企業は、ブロックチェーンを利用した新しいビジネスモデルをもたらす事は間違いないものの、ブロックチェーン技術の本質部分である分散型技術としてのブロックチェーンは間違いなく市場への影響力を弱める事になるとの事です。

 

ベエレンドルフ氏は現在の仮想通貨やブロックチェーンの盛り上がりとITバブル時の共通点があるとしています。

現在ハイパーレッジャーはICOや仮想通貨市場に対しては特に注目はしてはおらず、ブロックチェーンにのみ注目しているとしています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
Bitcoin(ビットコイン)はやはり価格操作されていた? テキサス大学教授が論文を発表!

現時点で仮想通貨の全盛期がいつかと聞かれたら、十中八九2017年末を挙げる人がほとんどだと思います。 …

tokenNEWS
アント・フィナンシャルが140億ドルの資金調達に成功!

世界大手ECサービスを展開しているアリババグループが仮想通貨関連の資金調達に成功しました。 資金調達 …

tokenNEWS
カザフスタンが仮想通貨を「規制」しながら「技術革新」の支援をする方針!

カザフスタンの経済特区の最高責任者であるカイラット・カリエフ氏は仮想通貨やブロックチェーンの技術革新 …