HitBTCが日本人向けサービスを一時停止?日本の規制に合わせた子会社の立ち上げ準備?

tokenNEWS

2018年6月2日、海外の仮想通貨取引所であるHitBTCが日本人ユーザー向けのサービス提供を一時中断する事を発表しました。
ただし停止に関してはHitBTCの利用を中断するという旨のメールが届いた事が初出との事で、メール自体がスキャムメールでは?という噂がSNS上で飛び交いました

 

その後、HitBTCの公式ホームページのLegalページ内に、日本人は利用不可といった記述が出た事で日本人向けサービス提供を中止する事が確定となりました。

HitBTC内のLegalに記述がある事から、日本人に向けたサービスの中止は事実ではあるものの、着ているメールはフィッシングメールの可能性があるという事から文章内のURLはクリック等はせず、ホームページで直接確認する事が推奨されます。

 

HitBTCは取引所ランキングでTOP10以内常連の取引所で、ICOが終了した仮想通貨を素早く上場させたり、HitBTCでしか取り扱っていない通貨もあり、日本人でも多くのユーザーが利用していました。

 

日本向けサービスの再開を気にするユーザーがいましたが、HitBTCはサービス停止を発表した後、今後についての発表も行っています。

 

HitBTCの公式ブログによると、HitBTCは現在日本の規制インフラに適応した日本に子会社を設立する為に、準備を進めている事を明らかにしました。

現在は、金融庁と協議をしている段階であり、日本国民が規制を遵守した上で利用できるように、サービスの一時停止措置に踏み切ったとの事です。

HitBTCは日本人向けのサービスを再開する事を目標とし、2018年第四半期に日本事業の立ち上げをする為のM&Aの機会を模索しているとの事です。

 

HitBTCと今後の日本ユーザーとの関係はどうなるのか?

日本人向けサービスが停止された時は、ネガティブな捉われ方をされていました。
というのも、現在はHitBTCでしか取り扱っていない銘柄も多く、ICO後の上場先としては、他の取引所よりも早く上場する事は強みであると考えられたからです。

 

HitBTCが日本向けサービスを停止し、正式に日本のライセンスを取得し、日本進出をするとなると長期的に見れば間違いなくポジティブに捉える事ができます。

しかし、仮に日本に進出するという場合は、Binanceやサイバーエージェントが日本で取引所運営をあきらめた事を考えると相当ハードルが高いのではないかと思われます。

また、綿密な下準備を重ねて申請をしたとしても、金融庁の登録待ちの業者はかなり多く、登録されるのは当面先になるのでは?という不安もあります。

HitBTCが日本進出に際して、どの様に動いてくるかに注目です。

 

twitterの反応

HitBTCが日本に進出する事でNANJCOINやバンクエラが日本で売買出来る事に期待をする声が大きい印象ですね!

 

日本に進出出来るかどうかは未知数な部分が大きいですが、現在日本の取引所では購入出来ない仮想通貨が購入できる様になることを考えると、やはり日本進出に期待が膨らみますね!

 

コインベースが日本に進出するという噂もありますし、世界有数の取引所が日本に拠点を置く事に期待が集まります。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ブロックチェーンのスタートアップ企業「ハイパーチェーン(趣链科技)」のユニコーン入りは確実

杭州といえば、ブロックチェーン関連企業の起業が盛んな地域です。 その中でも一際注目を集めるているのが …

tokenNEWS
七夕に仮想通貨イベント「ホリエモン仮想通貨祭り」開催!

実業家の堀江貴文氏が、仮想通貨取引のプロやブロックチェーン技術の有識者等を招いて議論をする「ホリエモ …

tokenNEWS
米VISAが欧州のフィンテックの迅速な参加手続が可能に!

クレジットカード大手のVISAが、欧州のフィンテック企業が自社のネットワークへの参加手続きを迅速に行 …