HEROのICO、本セール開始

tokenNEWS

ブロックチェーン技術を活用した金融サービス・プラットフォーム「HERO Capital Market Platform(HCMP)」で使用される仮想通貨のHERO Origin Tokenの本セールが、日本時間9時に開始で、取扱通貨はETH、BTC、XRP等です。

HCMPは、フィリピンを拠点にオンラインを活用した質屋事業を運営しているPawnHero Pawnshop Philippines(PawnHero)が運営しており、同社の主な出資企業はアリババやソフトバンクです。

東南アジアは現在、世界で最もインターネットの成長が著しい地域で、ユーザー数は2020年までに全体で4億8000万人を超えると予想される一方、銀行口座を保有する人口は全体の3割弱、HCMPはブロックチェーンとスマートコントラクト技術を通じて、アジアにおける金融サービスの透明性や効率性の促進を目指しており、主なマーケットはフィリピン、インドネシア、ベトナムやタイです。

ゴールドマン・サックスやバークレイズなどで勤務したノーバート・ゲールケ氏が同プロジェクトのアドバイザーに就任した。東京で勤務経験があるゲールケ氏は、フィンテック関連で900名以上のメンバーを持つコミュニティ「Tokyo Fintech Meetup」の創始者でもあります。

調達資金は最大25万ETHを目標にしており、スイスで設立中の財団を通してHCMPのマーケティングや運用などに充てられる。

トークンセールの概要

トークン:HERO
日程:2018.2/1〜28(GMT + 8)
トークン価格:1 HERO/0.005 ETH ( 200 HERO/ 1 ETH)
最大調達額:25万(ETH)
取り扱い通貨:イーサリアム(ETH)、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ、(BCC)、ETH Classic(ETC)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、Waves(WAVES)

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
2018年7月21日21時からG20会議が開催!仮想通貨の議題とは?

本日21時からG20会議が開催、開催されるというか「また」開催されます。 今回の会議では議題に仮想通 …

tokenNEWS
ベトナム中央銀行が、仮想通貨マイニングマシンの輸入を停止!

2018年6月7日のこちらの記事にて、ベトナムに於けるマイニング機器の輸入提言が出された事は比較的記 …

tokenNEWS
GMOが最新技術を盛り込んだネット銀行の運営を始める

日本だとあまり盛り上がっていないジャンルと言えばIoT、人工知能(AI)さらにブロックチェーンや仮想 …