日本初の「変なSIM」で75ヶ国でデータ通信が可能? SIMは貼る時代?

tokenNEWS

携帯端末一つに1つのSIMというのは当たり前の話でしたが、H.I.S.mobileはメインのSIMカードに貼るだけで格安海外データ通信を可能にするサービスの開始を発表しました!
商品名は「変なSIM」で先行予約受付中で6月22日に販売が開始、7月1日からサービスの開始を発表しています。

 

変なSIMは携帯端末に使用している通常のSIMカードに貼るだけで利用可能な商品で、一度利用した場合、SIMカードを変更しない限り海外通信を一日500円で利用可能になります。
システムの切り替えはアプリを使って行う事になります。
注意点としては、シムフリーであれば大丈夫ですが、シムロックされている端末ではシムロック解除する必要があります。

 

変なSIMは2017年にフィンテック企業や金融機関が「Fintechハブ」を利用した支援を行う事で誕生した案件で、SIMカードを認証や電子署名として利用する実証実験が行われます。
H.I.SmobileではサブSIMに十分なセキュリティを備える為に、商用利用開始時にスマートフォンで金融取引が可能になる様に協力し、より良い物を発展・進化させていくSIMとして挑戦を続ける事を明言しています。

 

・変なSIMサイトはこちら
変なSIM詳細

twitterの反応

 

twitterでも「変なSIM」という名前と高性能さに驚く人が多いですね!

海外に頻繁に行く人ならかなり便利なのではないでしょうか?

しかも貼るだけというのはサラっとニュースにするにしてはすごすぎる技術じゃないですか?

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
Bitcoin(ビットコイン)はやはり価格操作されていた? テキサス大学教授が論文を発表!

現時点で仮想通貨の全盛期がいつかと聞かれたら、十中八九2017年末を挙げる人がほとんどだと思います。 …

tokenNEWS
アント・フィナンシャルが140億ドルの資金調達に成功!

世界大手ECサービスを展開しているアリババグループが仮想通貨関連の資金調達に成功しました。 資金調達 …

tokenNEWS
カザフスタンが仮想通貨を「規制」しながら「技術革新」の支援をする方針!

カザフスタンの経済特区の最高責任者であるカイラット・カリエフ氏は仮想通貨やブロックチェーンの技術革新 …