仮想通貨取引でおすすめの銀行は住信SBIネット銀行!即時入金で手数料無料!

tokenNEWS

三菱UFJ銀行(三菱東京UFJ銀行)が独自の仮想通貨を発行予定というニュースがありましたが、みなさんは仮想通貨の取引の際はどの銀行口座を利用していますか?
ジャパンネット銀行、楽天銀行、ソニー銀行等ありますが、今回は仮想通貨の取引に強い住信SBIネット銀行を紹介・解説します!

 

住信SBIネット銀行が仮想通貨取引におすすめな理由


住信SBIネット銀行は、三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同出資をして設立されたネット専業の銀行です。
どちらも金融サービスでキャリアを持つ銀行で、信頼性が高く年会費は無料、簡単な手続きを経て口座開設が可能です。

後述しますが、他の銀行に比べて手数料の面で優遇サービスが多数あります。

 

住信SBIネット銀行を利用するメリット

住信SBIネット銀行同士の振込手数料が無料

仮想通貨取引を始める際は、最初に現金で仮想通貨を購入する必要があります。

一般的な仮想通貨入手方法は、各仮想通貨取引所に口座を開設して、日本円を入金、仮想通貨を購入という流れになりますが、その際に手数料が必要になり、頻繁に売買すればするほど手数料がかかり余計な費用がかかってしまいます

当然、仮想通貨取引所で指定する口座に振込をして入金による残高を得ない事には仮想通貨取引をする事ができません。
国内に存在する仮想通貨取引所の大部分は住信SBIネット銀行を持っていて、住信SBIネット銀行の口座を入金先としています。

他の通常の銀行やネット銀行からの入金の場合は数百円の手数料が発生しますが、住信SBIネット銀行からの入金であれば取引所への振込手数料は無料になります。
手数料無料の回数制限もないため、取引の際に手数料による余計な出費をする事がありません。

また、ネット銀行という事もあり、土日や祝日、夜間に入金する必要がでた時であっても、平日の営業日を待つことなく取引が可能という最大のメリットが存在します。

 

指定口座への即時入金

住信SBIネット銀行は、ネット専用の口座ということで、営業日に縛られる通常の銀行とは違い、文字通り即時入金が可能となっています。
住信SBIネット銀行から住信SBIネット銀行への入金であればその日の内に、それこそ手続から反映まで10分もかかりません。

この速さは土日は勿論深夜であっても変わらないので、いざという時に仮想通貨取引が必要な時に発揮するメリットです。

都市銀行・メガバンクではネットサービスはあるものの、平日は15時以降、土日に関しては翌営業日に反映となります。

この様に、住信SBIネット銀行は非常に使いやすい銀行となっています。

他行への振込手数料・ATM手数料が無料


同銀行同士の振込手数料が無料というのはよくある事ですが、それは同じ支店であれば、という事に限られます。

住信SBIネット銀行同士の振込では支店や金額に関わらず手数料が完全に無料となっていて、他行宛てへの振込もランクに応じて手数料無料の回数が増えていきます(最大月15回)。

住信SBIネット銀行はスマートプログラムという制度を導入していて、サービスの利用状況に応じて、1~4のランクになり、ランクに応じた特典を受けられます。
*詳しくはこちらをご覧ください

ランクに応じてコンビニATMや他行の提携ATMでも、引き出し手数料が2~15回無料になります。
預入はランクに関わらず常に無料です。

スマホアプリで更に便利に活用


住信sbiネット銀行のアプリがあれば、送金や出金作業は勿論、残高確認や明細の確認まで仮想通貨の購入がスマホで手軽に完結します。

また、アプリの「スマート認証」を使う事で、パソコンでログインする際にスマホ側でログインロックの解除をする必要があるので、ログインIDとパスワードを知られたとしても、「スマート認証で連携しているスマートフォン」が必要になるので、不正アクセスを防げます。

住信SBIネット銀行のメリットまとめ

メリット
1.住信SBIネット銀行口座間はの振込手数料が無料
2.24時間365日振込が可能
3.振込の反映が早い
4.スマートフォンアプリによる簡単な操作・管理が可能

口座開設方法・手順

住信SBIネット銀行はネット専用銀行という事もあり、口座開設から利用開始までは、キャッシュカード受取時の本人確認書類以外提示以外はネットで完結します。

仮想通貨取引を始めてみようと思う人は勿論、「とりあえず銀行まで行くのが面倒くさいからネット銀行が欲しい」という人であれば、申込をしえて開設しておくといざという時に便利です!

1.口座開設申込手続き
公式サイトの口座開設フォームに必要事項を入力して送信すると、申込完了後に入力したメールアドレスに連絡が来ます。

2.初期設定
申込手続きが完了した後、公式サイトに江尾グインして、パスワード・暗証番号の設定を行います。

3.カードの受取
申込後10日前後で住信SBIネット銀行から書類が到着するので、本人確認書類(免許証等)を提示してカードの受取をします。

4.カード受取確認
カードを受け取ったら公式サイトにログインいて、受取確認を行います。
受取確認をしないとサービスが利用出来ないのでご注意ください。

住信SBIネット銀行について補足

住信SBIネット銀行の出資元であるSBIホールディングス(親会社)は、SBIバーチャル・カレンシーズ仮想取引取引所を稼働する事が発表されています。

現在でも各取引所と取引があるSBIなので、今後のサービスにも期待が膨らみます。

これらのメリット等踏まえて、且つこれからSBIバーチャル・カレンシーズの稼働に備えて、また利便性も考えて、まだ口座を持っていない方は口座の開設を強くお勧めします!

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ソフトバンク 孫正義会長「ブロックチェーンや仮想通貨は準備、開始している」

ソフトバンクの孫正義会長が仮想通貨やブロックチェーンについて「グループの会社が続々と準備し、開始して …

tokenNEWS
AmazonがCENNZと提携を発表で爆上げ!

Amazonがどこと組むのか? というのは以前から度々話題になっていましたが、BTCやETH等の候補 …

tokenNEWS
ナスダックCEOがICOに関して否定的な発言

ナスダックのアデナ・フリードマンCEOがICOに対して否定的な意見をしました。 アメリカの主要な株式 …