ゴールドマンサックスCEOが仮想通貨に期待!

tokenNEWS

ゴールドマンサックスのCEOであるLloyd Blankfein氏は、自身には不要だとしつつ、法定通貨から仮想通貨への進化の可能性に触れて、「仮想通貨の可能性を否定する事はおろかである」とし、仮想通貨の将来に対して肯定的な発言をしました。

Blankfein氏は2017年11月にビットコインに対して「詐欺の手段になっている」とし、否定的なコメントを述べています。

 

Blankfein氏は、仮想通貨の普及を「携帯電話の普及」に例えて、今後の普及の可能性について述べています。
つまり、現時点では快く思っていない仮想通貨も、時期は分からない物の、いつか資産クラスとして確立する事になるかもしれないとしています。

 

Blankfein氏は「わたしが好まないもので、良い物はたくさんある」とし、今回の仮想通貨に対する評価も、個人的な感情を抜いて、仮想通貨の将来的な可能性に対して一定の評価をしている物です。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ロシアの情報機関のハッカーがマネーロンダリングにビットコインを利用? 安全神話が崩れる?

仮想通貨の匿名性については以前から、マネーロンダリングやテロ資金供与に利用される可能性について指摘・ …

tokenNEWS
CFA協会のアナリスト試験に仮想通貨とブロックチェーンのトピックが追加! 徐々に浸透してきた模様

CFA協会と言えば、投資に関する国際資格の認定を行う団体ですが、そのCFA協会が実施する認定証券アナ …

tokenNEWS
マルタにビットコインATMが登場!仮想通貨と現金の相互の両替は世界初?

バイナンスの誘致以降、正に飛ぶ鳥の勢いの様に話題が尽きないマルタですが、世界初となる「仮想通貨と現金 …