GACKTの仮想通貨 SPINDLE(スピンドル) トークン購入方法は? 上場は?

tokenNEWS

あのGACKT(ガクト)が仮想通貨事業に乗り出すとのニュースがありましたが、GACKTさんは「ただの広告塔ではない」と言い切ってるところに注目です。

 

広告塔なのでなく、自分の意思を持って仮想通貨に投資をすべき理由を述べていて、

 

公式ブログで記事が投稿されていて、今回GACKTさんが手がける仮想通貨のコイン名は「SPINDLE(スピンドル)」と言う名称である事が決まっています。

 

SPINDLEの意味
・回転する為の軸
・将来の経済で軸になるなど

 

GACKT SPINDLE(スピンドル) 構成メンバー
BLACKSTAR Members

平井 政光
葛西 庸久
古賀 貴司
佐久間 将司
Dariusz Chrzastowski
細井 健雄
大城 ガクト

Advisors
CDS経営戦略研究所
川戸 淳一郎
吉崎 誠司
Cher Chen Lung
吉永 歩夢
小池 美枝
佐野 文彦

引用:https://spindle.zone/jp/team/member01.html

 

GACKT SPINDLE(スピンドル) 今後の将来性!
コンセプト
・人が自律した人生を歩む為
・未経験者に投資の楽しさを知ってもらう
・豊かさを感じてもらう
・非中央集権

 

仮想通貨の将来性を今の日本経済の進展と変化をGACKTさんが示唆していて、その中で以下の点に共感できたわけですが、今と大きく変わるのはキャッシュレス化です。

 

メモ
・紙幣がなくなる
・銀行が淘汰される
・キャッシュレス化
・財布がなくなっていく
・金融事件がなくなる

 

SPINDLE(スピンドル)の将来性としては、今後ICOと呼ばれる資金調達を行うと思います。

現時点でGACKTさんの考えには同意しています。

 

GACKT SPINDLE(スピンドル) 買い方・購入方法
仮想通貨「SPINDLE(スピンドル)」の買い方は、今後ICOを行うと思うので、トークンが発行されるはずで、このスピンドルトークンを購入する方法になると思われます。

私はいくつかのICOトークンに参加してきましたが、大抵今までのICOトークンの購入方法はビットコインで買う事が基本だった為、SPINDLE(スピンドル)トークンを買う場合もビットコインで買う事になると思われます。

 

SPINDLE(スピンドル) ICOの参加方法
ICOの参加方法はビットコイン建てになるので、ない人はまずビットコインの用意をする必要があります。

コインチェックを例にした買い方としては、「入金」からお金を入れますが、「クイック入金」だと土日関係なく入金できるから便利でおすすめです。

次に下の「取引所」項目で購入すれば

手数料掛らず板取引できるよ(?????)

コインチェック公式
SPINDLEのICO参加方法
分かり次第更新します。

GACKT SPINDLE(スピンドル) 取引所 上場時期はいつ?

これに関しては続報待ちとなっています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ソフトバンク 孫正義会長「ブロックチェーンや仮想通貨は準備、開始している」

ソフトバンクの孫正義会長が仮想通貨やブロックチェーンについて「グループの会社が続々と準備し、開始して …

tokenNEWS
AmazonがCENNZと提携を発表で爆上げ!

Amazonがどこと組むのか? というのは以前から度々話題になっていましたが、BTCやETH等の候補 …

tokenNEWS
ナスダックCEOがICOに関して否定的な発言

ナスダックのアデナ・フリードマンCEOがICOに対して否定的な意見をしました。 アメリカの主要な株式 …