中国で100万台以上のコンピューターがマルウェアに感染!不正なマイニングの被害はマイナーコイン2600万枚?

tokenNEWS

仮想通貨取引所のハッキング事件の影に隠れがちですが、2018年はマルウェアの感染による不正なマイニング事件が頻発している年でもあります。
手口も日々巧妙化しており、被害が後を絶たない状況となっていますが、中国では20名のハッカー集団が違法なマイニング収益を得る為、不正にコンピューターを操作した疑いで20名のハッカー集団が逮捕されました。
被害額は2600万コインにも及ぶとの事です。

 

警察によると、ハッカー集団はディスプレイ広告を利用して、500万台のコンピューターに表示させ、100万台を超えるコンピューターにマルウェアが仕込まれたプラグインをインストールさせ、2年間に渡りデジバイト(DGB)、ディークレッド(DCR)、シアコイン(SC)のマイニングをさせていたとの事です。

 

これらの通貨を不正なマイニングに選んだ理由は、マイナーであり、大きな計算能力が不要であり、気づかれる可能性が低かったからとの事です。
実際犯人が捕まるまでに2年にも及ぶ期間があり、気づかれる可能性という点についてはハッカー集団の目論見通りだったと言えます。

 

さらにインターネットカフェからマイニングソフトウェアを仕込む為、代理店ネットワークの構築を100店舗以上に行っていました。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ロシアの情報機関のハッカーがマネーロンダリングにビットコインを利用? 安全神話が崩れる?

仮想通貨の匿名性については以前から、マネーロンダリングやテロ資金供与に利用される可能性について指摘・ …

tokenNEWS
CFA協会のアナリスト試験に仮想通貨とブロックチェーンのトピックが追加! 徐々に浸透してきた模様

CFA協会と言えば、投資に関する国際資格の認定を行う団体ですが、そのCFA協会が実施する認定証券アナ …

tokenNEWS
マルタにビットコインATMが登場!仮想通貨と現金の相互の両替は世界初?

バイナンスの誘致以降、正に飛ぶ鳥の勢いの様に話題が尽きないマルタですが、世界初となる「仮想通貨と現金 …