フランス政府の仮想通貨作業部会トップが明言!「規制は不要」

tokenNEWS

フランスと言えば、ドイツと共に仮想通貨に対する規制に一際力を入れていた国ですが、フランス政府の関係機関である仮想通貨作業部会のトップJean Pierre Landau氏が公式レポートの中で「誰も望まないし、必要でもない」と述べて、昨今声高に叫ばれる規制に対して否定的な見解を述べました。

 

同氏は仮想通貨に対しては寛容な姿勢を見せていますが、以前は17世紀に起こったチューリップバブルを例に挙げてネガティブな立ち位置でした。
Landau氏はレポートの中で、仮想通貨への技術的な規制は金融的な規制とは別に行われるべき、つまり、現在基礎が固まっていない状態の技術である仮想通貨に対する技術的な規制はテクノロジーの進歩を阻害すると考えている事を明らかにしています。

 

Landau氏はあくまでも最低限の規制を支持するものであり、ヨーロッパで検討されているEuro-Bitliscenseの創設に賛同する物でもあります。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ロシアの情報機関のハッカーがマネーロンダリングにビットコインを利用? 安全神話が崩れる?

仮想通貨の匿名性については以前から、マネーロンダリングやテロ資金供与に利用される可能性について指摘・ …

tokenNEWS
CFA協会のアナリスト試験に仮想通貨とブロックチェーンのトピックが追加! 徐々に浸透してきた模様

CFA協会と言えば、投資に関する国際資格の認定を行う団体ですが、そのCFA協会が実施する認定証券アナ …

tokenNEWS
マルタにビットコインATMが登場!仮想通貨と現金の相互の両替は世界初?

バイナンスの誘致以降、正に飛ぶ鳥の勢いの様に話題が尽きないマルタですが、世界初となる「仮想通貨と現金 …