Filecoin(ファイルコイン)というセレブICO

tokenNEWS

Filecoinとは、誰でもストレージプロバイダーになれる、分散型ストレージネットワークです。

Protocol Labsという企業のプロジェクト一つです。

ストレージプロバイダーという単語の通り、法人や個人が余っているストレージを相互提供し、新しい市場を作る事を目的としています。

Filecoinは得たトークンを他の通貨と交換可能です。
つまり、余停るストレージが沢山ある方はどんどん提供して稼げるというわけですね。

従来のストレージサービスとの違いは?

これまでのクラウドストレージはグーグルドライブをはじめ、データセンターによる中央集権型の仕組みになっています。

分かりやすく言うと、特定企業がデータ容量を提供しているという形です。
その為、データ保存サービスを利用したいのであれば、グーグルドライブやdropbox等のサービスに登録する必要があります。

Filecoinの場合、ユーザー間でデータストレージの為のネットワークが構築できます。

データを保存したい人と、ストレージが余っているマイナーの間での取引です。

マイナー側は余剰ストレージを貸し出すことで利益を得る事が出来ます。

ストレージマーケットとリトリーバルマーケット

Filecoinのマーケットは、「ストレージマーケット」と「リトリーバルマーケット」の二つに分かれます。

ストレージマーケットはブロックチェーン上でのストレージが売買されます。
自分の好みにあったストレージを選べる仕組みがあります。

リトリーバルマーケットでは、データの引き出し速度を競い、一番早かったマイナーに報酬が与えられる取引が行われます。

2つのマーケットは全くの別物でありつつ、一つのプラットフォーム上に存在する、というのが特徴であるみたいです。

 

Filecoin概要

  ICO開始日  2017年8月10日
 トークン名称  Filecoin
 トークン発行量  20億Filecoin
 ブロックチェーン  Filecoin
 創業者 Juan Benet
 公式サイト http://filecoin.io/

Filecoinって結局どうなの?

そんなデータストレージをシェアし合うFilecoinですが、調べていてあまりメリットを感じる事は出来ませんでした。
使い方次第だとは思うのですが、ストレージのP2Pレンタルサービスと思えばまだいいかも?

何よりも問題点なのが、Filecoinには投資参加基準が設けられています。
その基準が

1:年間20万ドル(100円計算で2000万円)の儲け
2:1億ドル以上の資産(100億円以上の資産)

のいずれかの条件を満たした人のみが投資出来る、超セレブICO案件です。
この基準を設けてどうにかなるものでしょうか?

ある意味見逃せない気がします。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ソフトバンク 孫正義会長「ブロックチェーンや仮想通貨は準備、開始している」

ソフトバンクの孫正義会長が仮想通貨やブロックチェーンについて「グループの会社が続々と準備し、開始して …

tokenNEWS
AmazonがCENNZと提携を発表で爆上げ!

Amazonがどこと組むのか? というのは以前から度々話題になっていましたが、BTCやETH等の候補 …

tokenNEWS
ナスダックCEOがICOに関して否定的な発言

ナスダックのアデナ・フリードマンCEOがICOに対して否定的な意見をしました。 アメリカの主要な株式 …