イギリスでEthereum(イーサリアム/ETH)先物が取引開始!ロンドン拠点の企業が導入!

tokenNEWS

イギリスのロンドンに拠点を置く仮想通貨取引プラットフォーム「クリプト・ファシリティーズ」は、11日に時価総額2位の仮想通貨Ethereum(イーサリアム/ETH)の先物取引を開始したと発表しました。

 

クリプト・ファシリティーズは、現地時間の11日午後4時からイーサリアムのデリバティブ取引を開始しました。
この商品は、投資家がロングやショートと言ったポジションをとる事が可能で、「投資機会を広げて、リスク管理を容易にする」と説明しています。

Bitcoin(ビットコイン/BTC)やRipple(リップル/XRP)先物のデリバティブ商品の展開も検討していて、イーサリアム先物商品の流動性はシカゴとロンドンに拠点を置くアクナ・キャピタルとB2C2に提供さます。

 

今回の件でクリプト・ファシリティーズのティモ・シュライファーCEOは

イーサリアムネットワークはスマートコントラクトのための優れたブロックチェーンであり、この新しい取引手段はより多くの投資家を引きつけ、市場に大きな流動性をもたらすと考えている

と述べており、現在論争となっているイーサリアムが証券が否かについての議論については、クリプト・ファシリティーズはデリバティブプラットフォームである為、適用される規制に準拠していく考えを示しています。

 

同時にイーサリアムの市場がビットコイン同様成熟しているという考えに基づき、先物による市場の成熟はビットコインと同じ様に成熟すると考えています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
南アフリカ警察が、投資家2万8千人に被害を与えた仮想通貨ポンジ・スキーム疑惑を捜査!

南アフリカ警察が、大規模な仮想通貨投資詐欺疑惑を追跡しているという声明を発表し話題になっています。 …

tokenNEWS
EOSメインネット移行目前!ユーザーの過半数が未登録状態。EOSトークンのスワップ方法を纏めてみた

EOSは6月初頭に1年間行っていたICOを終了し、メインネットに移行します。   メインネ …

tokenNEWS
中国の深セン市とテンセントが提携してブロックチェーンを利用した脱税対策へ!

深セン市国家税務局は、ブロックチェーンを利用した脱税対策と税務管理の効率化の為にテンセントと提携、智 …