イギリスでEthereum(イーサリアム/ETH)先物が取引開始!ロンドン拠点の企業が導入!

tokenNEWS

イギリスのロンドンに拠点を置く仮想通貨取引プラットフォーム「クリプト・ファシリティーズ」は、11日に時価総額2位の仮想通貨Ethereum(イーサリアム/ETH)の先物取引を開始したと発表しました。

 

クリプト・ファシリティーズは、現地時間の11日午後4時からイーサリアムのデリバティブ取引を開始しました。
この商品は、投資家がロングやショートと言ったポジションをとる事が可能で、「投資機会を広げて、リスク管理を容易にする」と説明しています。

Bitcoin(ビットコイン/BTC)やRipple(リップル/XRP)先物のデリバティブ商品の展開も検討していて、イーサリアム先物商品の流動性はシカゴとロンドンに拠点を置くアクナ・キャピタルとB2C2に提供さます。

 

今回の件でクリプト・ファシリティーズのティモ・シュライファーCEOは

イーサリアムネットワークはスマートコントラクトのための優れたブロックチェーンであり、この新しい取引手段はより多くの投資家を引きつけ、市場に大きな流動性をもたらすと考えている

と述べており、現在論争となっているイーサリアムが証券が否かについての議論については、クリプト・ファシリティーズはデリバティブプラットフォームである為、適用される規制に準拠していく考えを示しています。

 

同時にイーサリアムの市場がビットコイン同様成熟しているという考えに基づき、先物による市場の成熟はビットコインと同じ様に成熟すると考えています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
2018年7月21日21時からG20会議が開催!仮想通貨の議題とは?

本日21時からG20会議が開催、開催されるというか「また」開催されます。 今回の会議では議題に仮想通 …

tokenNEWS
ベトナム中央銀行が、仮想通貨マイニングマシンの輸入を停止!

2018年6月7日のこちらの記事にて、ベトナムに於けるマイニング機器の輸入提言が出された事は比較的記 …

tokenNEWS
GMOが最新技術を盛り込んだネット銀行の運営を始める

日本だとあまり盛り上がっていないジャンルと言えばIoT、人工知能(AI)さらにブロックチェーンや仮想 …