EthereumとRippleの創業者がICOについて警鐘

tokenNEWS

イーサリアムの共同創業者であるジョセフ・ルービン氏とリップル社CEOブラッド・ガーリングハウス氏はシンガポールで開催されたFintech Festivalで「詐欺のICOプロジェクトがある」と警鐘を鳴らしています。

ルービン氏は「ICOは高品質のプロジェクトを支援する為のものですが、多くのICOは模倣品のプロジェクトに過ぎず、投資家に価値を提供する予ものではありません。模倣品のプロジェクトのトークン発行者は中国に拠点を置いていたため、中国でICOが禁止されました。」とも語り、ガーリングハウス氏は「ICO市場の多くは実際には詐欺だと思います。トークンの発行者はグレーゾーンの中で行っています。証券市場では、投資家と企業の両方を保護するためのルール作りが何十年もかかりましたが、デジタルトークンでも起こります。」

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ブロックチェーンのスタートアップ企業「ハイパーチェーン(趣链科技)」のユニコーン入りは確実

杭州といえば、ブロックチェーン関連企業の起業が盛んな地域です。 その中でも一際注目を集めるているのが …

tokenNEWS
七夕に仮想通貨イベント「ホリエモン仮想通貨祭り」開催!

実業家の堀江貴文氏が、仮想通貨取引のプロやブロックチェーン技術の有識者等を招いて議論をする「ホリエモ …

tokenNEWS
米VISAが欧州のフィンテックの迅速な参加手続が可能に!

クレジットカード大手のVISAが、欧州のフィンテック企業が自社のネットワークへの参加手続きを迅速に行 …