エストニアが独自の仮想通貨発行プロジェクトの縮小を決定!

tokenNEWS

エストニアのIT政策を担当しているSiim Sikkut氏はユーロペッグの通貨である「Estcoin」に関するプロジェクトがとん挫していると、エストニアの首都タリでのインタビュー内で明かしました。
sikkut氏は代わりとして、エストコインは海外からエストニアの電子身分証を利用するeレジデントへのインセンティブとして使われると発言しました。

 

エストニアは2011年にユーロを導入しており、東ヨーロッパの中でもテクノロジーに精通している国として知られています。
エストニアは独自の仮想通貨を発行する計画を進めている事で注目されていましたが、Draghi氏は計画が発表された2017年9月に「人口130万人の国ではユーロのみが通貨になる」と批判していました。

 

Sikkut氏は「我々は政治家との議論の結果エストコインはeレジデントのコミュニティ内でのみ使われることで合意を得ている。他の選択肢はない。我々は新たな通貨を創造している訳でもない。」と発言しています。

 

政府が支援しているeレジデントプログラムでは、2014年に始まり現在まで35000以上のIDが発行されており、申請者はフィンランド・ロシア・ウクライナの三か国からと発表しています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ブロックチェーンのスタートアップ企業「ハイパーチェーン(趣链科技)」のユニコーン入りは確実

杭州といえば、ブロックチェーン関連企業の起業が盛んな地域です。 その中でも一際注目を集めるているのが …

tokenNEWS
七夕に仮想通貨イベント「ホリエモン仮想通貨祭り」開催!

実業家の堀江貴文氏が、仮想通貨取引のプロやブロックチェーン技術の有識者等を招いて議論をする「ホリエモ …

tokenNEWS
米VISAが欧州のフィンテックの迅速な参加手続が可能に!

クレジットカード大手のVISAが、欧州のフィンテック企業が自社のネットワークへの参加手続きを迅速に行 …