EOSが最高額となる約4300億円をICOで調達!1年間のクラウドセールで史上最高額を確保

tokenNEWS

ブロックチェーンのソフトウェア企業であるBlock.one(ブロック・ドット・ワン)のEOSが、1年間のわたって行われたクラウドセールを完了し、40億ドル(4300億円)を調達により、仮想通貨史上最大のICOとなりました。

EOSに関しては公式リリースされるソフトウェアが、大規模な分散型アプリケーション用の分散型オペレーションシステムを構成するという予測の下で注目されており、リリースされれば開発者たちもトークンを新しいEOSウォレットに移す事になります。
EOSは数カ月の間、長期的な有用性やトークンの価値に対して懐疑的な意見も出ていた事からも、公式ソフトウェアのリリースも大きな意味を持つことになります。

 

懐疑的な意見を投げかける者の中には、ドージコインの創設者であるジャクソン・パーマー氏もおり、4月時点でEOSのリリースについてtwitter上で冷ややかなコメントを投げかけています。

 

 

各取引所はEOS メインネットのトークンスワップの間、EOSの預け入れと引き出しを停止し、OKExとビットフィネックスも預入と引出は利用不可となる一方で、スワップの間で売買が影響を受ける事は無いと発表しています。
OKExについては更に、EOSを取引所に預け入れた場合、トークンが取り戻せない事もアナウンスしています。

 

批判やトークンの登録手順を巡る混乱は起きたものの、EOSのクラウドセールはICO史上最高額となりました。
本来の予定を短縮して終了したテレグラムのICOは、17億ドルを調達したと報じられましたがこれも上回っています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ブロックチェーンのスタートアップ企業「ハイパーチェーン(趣链科技)」のユニコーン入りは確実

杭州といえば、ブロックチェーン関連企業の起業が盛んな地域です。 その中でも一際注目を集めるているのが …

tokenNEWS
七夕に仮想通貨イベント「ホリエモン仮想通貨祭り」開催!

実業家の堀江貴文氏が、仮想通貨取引のプロやブロックチェーン技術の有識者等を招いて議論をする「ホリエモ …

tokenNEWS
米VISAが欧州のフィンテックの迅速な参加手続が可能に!

クレジットカード大手のVISAが、欧州のフィンテック企業が自社のネットワークへの参加手続きを迅速に行 …