仮想通貨の台頭で法定通貨は終わるのか? 中央銀行幹部の見解は?

tokenNEWS

仮想通貨の台頭で法定通貨がどうなるのか?
という話は既に昨年から出ていましたが、この度中央銀行の関係者は現状では仮想通貨が法定通貨を脅かす事にはならないという結論で共通しています。

これはイングランド銀行、スイス国立銀行等4行の代表がアムステルダムで行われているMoney20/20でのディスカッションにて、「仮想通貨によって法定通貨の時代がおわるのか?」という質問に答える中で明らかになった意見です。

 

「ハイパーインフレーションの時だけ」仮想通貨が法定通貨の脅威になり得るというのはカナダ銀行のジェームス・チャップマン氏の意見ですが、スイス銀行代表トーマス・モーザー代理制作委員もチャップマン氏の意見に賛成したうえで、「中央銀行が良い仕事をしている限り法定通貨が消える事は無い」と述べています。

イングランド銀行のマーティン・エサリッジ氏は、仮想通貨が法定通貨に取って代わる存在になる兆候が無いとし、既存のシステムに対する見方が変わらない限り法定通貨が優勢な状況は続くとしており、同銀行のマーク・カーニー総裁も、「中央銀行が発行する仮想通貨(CBDC)自体には反対はしないものの、仮想通貨は貨幣の役割を担えているとは思えない」という見方を示しています。

リトアニア銀行のマリウス・ユルギラサ博士は、「CBDCと仮想通貨は全く別の存在」と述べており、中央銀行の現在について満足をしているわけではないものの、信用の崩壊につながる事を実行する事には賛成しかねると付け加えています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ブロックチェーンのスタートアップ企業「ハイパーチェーン(趣链科技)」のユニコーン入りは確実

杭州といえば、ブロックチェーン関連企業の起業が盛んな地域です。 その中でも一際注目を集めるているのが …

tokenNEWS
七夕に仮想通貨イベント「ホリエモン仮想通貨祭り」開催!

実業家の堀江貴文氏が、仮想通貨取引のプロやブロックチェーン技術の有識者等を招いて議論をする「ホリエモ …

tokenNEWS
米VISAが欧州のフィンテックの迅速な参加手続が可能に!

クレジットカード大手のVISAが、欧州のフィンテック企業が自社のネットワークへの参加手続きを迅速に行 …