アメリカ仮想通貨関連企業大手「Circle(サークル)」が銀行業のライセンス獲得に向けて連邦当局と協議!

tokenNEWS

アメリカの仮想通貨取引所「Poloniex(ポロニエックス)」を運営している大手仮想通貨関連企業「サークル」が、SECと協議をしていることが明らかになりました。
目的は銀行業のライセンス獲得とSECへの登録と見られます。

 

Circle社は、ゴールドマンサックスや百度等の大手企業が出資しており、決済アプリや仮想通貨取引アプリの提供、仮想通貨の流動性を提供するサービス等、仮想通貨に関連した様々な分野に手を広げています
今回SECへの登録が実現すれば、SECが証券とみなしているICOで配布されたトークンの取り扱い可能になり、事業展開をする上でアメリカの50州との協議が不要になります。
それらによってサークルの事業展開が加速する事は確実視されており、金融機関への依存・介入を減らし、事業の効率化を狙えるとの事です。

 

SECのクレイトン委員長は2月に「ICOは全て有価証券」である事を明言しており、行われてきたICOが証券取引法違反である見方を表明し、ICOに対する監視を強める姿勢を明らかにしています。
仮にサークルがSECへの登録に成功した場合はモデルケースとなり、今後SECへの登録を増加させる起爆剤になる可能性もあります。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
Bitcoin(ビットコイン)はやはり価格操作されていた? テキサス大学教授が論文を発表!

現時点で仮想通貨の全盛期がいつかと聞かれたら、十中八九2017年末を挙げる人がほとんどだと思います。 …

tokenNEWS
アント・フィナンシャルが140億ドルの資金調達に成功!

世界大手ECサービスを展開しているアリババグループが仮想通貨関連の資金調達に成功しました。 資金調達 …

tokenNEWS
カザフスタンが仮想通貨を「規制」しながら「技術革新」の支援をする方針!

カザフスタンの経済特区の最高責任者であるカイラット・カリエフ氏は仮想通貨やブロックチェーンの技術革新 …