中国が仮想通貨に再参入するのはほぼ確実?

tokenNEWS

中国では現在仮想通貨、それこそ売買やICOは禁止している状態ですが、ここ最近の流れとして再び合法化するという見方が強くなっています
そもそも規制以前は仮想通貨と言えば中国、と言っても過言ではないほど盛んな国であり、仮に中国政府が再び仮想通貨に関わる取引や事業を合法化した場合、その影響力には計り知れない物があるという意見があるのはある程度必然とも言えます。

 

この「仮想通貨再合法化」が噂されるきっかけとなったのは中国共産党の英字紙が掲載した記事に「中国の仮想通貨に「ノー」を突き付けるのではなく、規制の改善をした方が賢明である」という題の論説を掲載した事によります。
記事の中では一夜で金持を生み出したり、破産者を生み出す仮想通貨のギャンブル性を指摘し、「中国政府の取締には意味がある」と評価をして、さらに「中国は仮想通貨革命から取り残される」と主張をしています。

 

時期こそ明確ではないものの「政府が仮想通貨の取引を認める準備を進めている」事を確実視する声もあります
中国では事実上の禁止になったとはいえ、裏では仮想通貨の交換は続けられており、単に表に出ているか息をひそめているかの違いでしかなく、貿易に際しては日本の製品を仕入れる為にビットコインを利用するという大胆な事例もあるとの事です。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ロシアの情報機関のハッカーがマネーロンダリングにビットコインを利用? 安全神話が崩れる?

仮想通貨の匿名性については以前から、マネーロンダリングやテロ資金供与に利用される可能性について指摘・ …

tokenNEWS
CFA協会のアナリスト試験に仮想通貨とブロックチェーンのトピックが追加! 徐々に浸透してきた模様

CFA協会と言えば、投資に関する国際資格の認定を行う団体ですが、そのCFA協会が実施する認定証券アナ …

tokenNEWS
マルタにビットコインATMが登場!仮想通貨と現金の相互の両替は世界初?

バイナンスの誘致以降、正に飛ぶ鳥の勢いの様に話題が尽きないマルタですが、世界初となる「仮想通貨と現金 …