中国が主要仮想通貨28種の格付けを近日中に発表! それ以前に仮想通貨規制してなかったっけ?

tokenNEWS

中国政府は仮想通貨とブロックチェーンプロジェクトの「独立した格付け」を毎月発表する事を公表しました。

中華人民共和国工業情報化部の中国電子情報産業発展院(CCID)が、BitcoinやEthereum、Litecoin等28種類の仮想通貨を分析し、格付け情報を公開するとしています。

 

このプロジェクトは「グローバル・パブリックチェーン・アセスメント・インデックス」という名称で、中国国内の専門家と学者が参加し、プロジェクトの目的は「プロジェクトの技術力や有用性、更には革新的であるのか等を評価して、ブロックチェーン技術のトレンドを深く理解する」としています。

同プロジェクトの創設には、仮想通貨とブロックチェーンプロジェクトに関して、客観的な評価や分析が無い事を理由としていますが、仮想通貨に対する強い規制を敷いている中国でこの様なプロジェクトが創設されるのはほとんど誰も予想しなかったと思いますが、CCIDのリリースによれば、今回の動きについて

 

今プロジェクトにおける仮想通貨とパブリック・ブロックチェーン技術に対する独立した分析は、テクノロジーにたいする中国政府からの信用を表したもので、各関係機関への指針となる

 

としています。

 

中国は2019年末までに、専任の委員会が、全国的なブロックチェーン基準を確立するとし、民間レベルでも「ファーウェイ」が新しいデバイスでBitcoinウォレットがダウンロード可能になった事を報告しています。

尚、中国の規制に関しては、単純な所有や支払手段としての利用に関しては合法であり、トレードによる利益獲得手段等が規制対象となっているとの事です。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
南アフリカ警察が、投資家2万8千人に被害を与えた仮想通貨ポンジ・スキーム疑惑を捜査!

南アフリカ警察が、大規模な仮想通貨投資詐欺疑惑を追跡しているという声明を発表し話題になっています。 …

tokenNEWS
EOSメインネット移行目前!ユーザーの過半数が未登録状態。EOSトークンのスワップ方法を纏めてみた

EOSは6月初頭に1年間行っていたICOを終了し、メインネットに移行します。   メインネ …

tokenNEWS
中国の深セン市とテンセントが提携してブロックチェーンを利用した脱税対策へ!

深セン市国家税務局は、ブロックチェーンを利用した脱税対策と税務管理の効率化の為にテンセントと提携、智 …