カナダ政府が仮想通貨に関わる新しい規制の草案を公表! 標的はマネーロンダリング?

tokenNEWS

カナダ政府は仮想通貨や決済処理機関に対する新しい規制を発表しました。
今回の規制はマネーロンダリングやテロ資金調達阻止を柱にした物であり、金融活動作業部会(FATF)が2015~2016年の評価後にまとめられたいくつかの欠点に対処する事になります。

 

FATFとは、マネーロンダリングを防ぐ為の方針を立てる政府の機関です。
FATFによる決定事項に法的拘束力があるわけではありませんが、今回策定された草案によれば、カナダ政府はこれらの規制を導入する事で国際的な高評価につながると考えています。

 

今回公表された規制は、仮想通貨取引所や決済処理機関をマネーサービス業として認定します。
そのうえで、1万カナダドルを超える取引について報告の義務が発生し、1000カナダドルを超える場合は顧客確認の手続も必要になります。
草案には費用対効果分析も含んでおり、規制の導入で年間約6100万カナダドルの費用が掛かる事が確定しています。

モントリオールを拠点としている、ブロックチェーン関連コンサルティング会社「カタラクシー」の共同創業者であるフランシス・ポウリオット氏は、大規模な仮想通貨取引の記録は実際に行う事は困難だという認識を示した上で、反対の立場を表明しています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
Bitcoin(ビットコイン)はやはり価格操作されていた? テキサス大学教授が論文を発表!

現時点で仮想通貨の全盛期がいつかと聞かれたら、十中八九2017年末を挙げる人がほとんどだと思います。 …

tokenNEWS
アント・フィナンシャルが140億ドルの資金調達に成功!

世界大手ECサービスを展開しているアリババグループが仮想通貨関連の資金調達に成功しました。 資金調達 …

tokenNEWS
カザフスタンが仮想通貨を「規制」しながら「技術革新」の支援をする方針!

カザフスタンの経済特区の最高責任者であるカイラット・カリエフ氏は仮想通貨やブロックチェーンの技術革新 …