ブラジル中央銀行がブロックチェーンを活用した新しいプラットフォームを開発へ

tokenNEWS

ブラジルの中央銀行が、金融規制当局間で情報を共有できるプラットフォームを開発しました。

 

金融規制当局向け情報統合プラットフォーム(Pier)と呼ばれる台帳は、金融機関による承認処理作業の際、情報交換をする為に利用されます。
情報交換の範囲は行政課程から従業員の行動にまで及び、行政に関連しない情報も必要があれば共有が可能となっています。

 

pierはブラジル中央銀行のIT部門(Deinf)が開発したプラットフォームですが、ブラジル証券取引委員会(CVM)やブラジル銀行印年金ファンド(Previ)等との接続も可能で、現在は試験段階ではありますが、年内に正式に稼働を予定しています。

 

Deinfのアリスティデス・カヴァルカンテ氏は情報共有を目的に開発したと述べて、記述した人が明確で、改ざんが不可能である事から情報の正統性が保証されるとしています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ロシアの情報機関のハッカーがマネーロンダリングにビットコインを利用? 安全神話が崩れる?

仮想通貨の匿名性については以前から、マネーロンダリングやテロ資金供与に利用される可能性について指摘・ …

tokenNEWS
CFA協会のアナリスト試験に仮想通貨とブロックチェーンのトピックが追加! 徐々に浸透してきた模様

CFA協会と言えば、投資に関する国際資格の認定を行う団体ですが、そのCFA協会が実施する認定証券アナ …

tokenNEWS
マルタにビットコインATMが登場!仮想通貨と現金の相互の両替は世界初?

バイナンスの誘致以降、正に飛ぶ鳥の勢いの様に話題が尽きないマルタですが、世界初となる「仮想通貨と現金 …