バイナンスコインは市場に左右される事無く高いパフォーマンスを維持

tokenNEWS

仮想通貨市場全体は下落傾向にありますが、その中でもその色が強いのは基軸通貨であるBitcoinです。
2018年のGW中に上昇したものの、GWの終了と共に下落が始まり、そのまま多少上昇する事はあっても基本的には低空飛行を続けています。

 

この背景には中国当局による規制に対する疑念や、機関投資家による価格操作疑惑による物が大きく、6月下旬の現在でもその傾向は続いています。

こういった悪材料の影響が色濃く残るなら、現在市場のトレンドに反して好調な通貨が仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が発行しているBNB(Binance coin)です。

 

4月時点で1000円台だったBNBですが、徐々に勢いをつけて現在1800~1900台で推移しています。
取引所コインはある程度の取引量があれば安定した価値を維持する事が多いのですが、その中でも群を抜いて安定感を誇っているのは、単に「バイナンスの通貨だから」というわけでもありません

 

最も大きな要因とされるのは、条件を得たユーザーの紹介報酬の倍増です。
500BNB以上を保有しているユーザーは、5月19日より紹介報酬20%から40%に増額する事になりました。
この発表によりBNBの買いが進んだ事が予想されます

 

更に5月31日にバイナンスラボがオンラインカンファレンスの開催や、現物取引を開始する等、積極的に活動をしている事がBinanceに対する信用になっているとされています。

さらにバイナンスはBNBの買い戻しを定期的に行い、バーンを行い市場供給量を下げて希少価値を高めています。

 

こういった様々な取り組みが、BNBの価値の安定に繋がっています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ロシアの情報機関のハッカーがマネーロンダリングにビットコインを利用? 安全神話が崩れる?

仮想通貨の匿名性については以前から、マネーロンダリングやテロ資金供与に利用される可能性について指摘・ …

tokenNEWS
CFA協会のアナリスト試験に仮想通貨とブロックチェーンのトピックが追加! 徐々に浸透してきた模様

CFA協会と言えば、投資に関する国際資格の認定を行う団体ですが、そのCFA協会が実施する認定証券アナ …

tokenNEWS
マルタにビットコインATMが登場!仮想通貨と現金の相互の両替は世界初?

バイナンスの誘致以降、正に飛ぶ鳥の勢いの様に話題が尽きないマルタですが、世界初となる「仮想通貨と現金 …