世界で初となる、ブロックチェーン対応Dappsブラウジング機能の提供!

tokenNEWS

ブロックチェーンを利用した独自トークンの発行や、アプリケーション連携用のAPI/SDKsを提供している株式会社IndieSquareが、現在提供中のウォレットアプリ「IndieSquareWallet」をアップデートして、ブラウジング機能を搭載した事を発表しました。
ブラウジング機能は複数ブロックチェーン対応のDAppsで、これは世界で初の機能です。

 

これまでのDAppsは、アプリケーション毎にウォレット機能を搭載していましたが、安全性はリリースしているアプリ事にバラつきがあり、開発者の技術にかかっている傾向がありました。
これは技術者の技量が不足しているほどハッキングに遭うリスクが高くなるという事に繋がります。
DAppsブラウジング機能は、秘密鍵をサーバー側で保管せず、暗号化を経てクライアント側で保管し、そこにアプリケーションを通してアクセスする手段として機能します。
これによって利用者はアプリケーション毎にウォレットを切り替える手間がなくなり、安全にDAppsを利用する事が出来るようになります。

 

 

Indie Square Walletについて
ビットコインのブロックチェーン上で独自トークンの発行が可能なウォレットとして、2014年から提供しているモバイルウォレットサービスです。
iOS、Androidの両OSに対応しています。

秘密鍵を暗号化してスマホ内に保管し、仮にハッキングされたとしても利用者の資産が流出する事がなく、端末の紛失や破損が起きたとしても、パスフレーズを利用する事で復旧が可能です。

さらに、ビットコイン,イーサリアム,カントリーパーティーを簡単に送ったり受け取ったりすることが可能で、DAppsで利用が可能です。

HDウォレットにも対応しており、複数のアドレスの使い分けができます。
さらに今後はその他ブロックチェーンへの対応も予定していて、安全で簡単にDAppsの運用が可能になります。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
Bitcoin(ビットコイン)はやはり価格操作されていた? テキサス大学教授が論文を発表!

現時点で仮想通貨の全盛期がいつかと聞かれたら、十中八九2017年末を挙げる人がほとんどだと思います。 …

tokenNEWS
アント・フィナンシャルが140億ドルの資金調達に成功!

世界大手ECサービスを展開しているアリババグループが仮想通貨関連の資金調達に成功しました。 資金調達 …

tokenNEWS
カザフスタンが仮想通貨を「規制」しながら「技術革新」の支援をする方針!

カザフスタンの経済特区の最高責任者であるカイラット・カリエフ氏は仮想通貨やブロックチェーンの技術革新 …