世界初のブロックチェーンスマートフォン「FINNY」に新デザインが登場!SIRIN LABSが発表!

tokenNEWS

SIRIN LABSと言えば、世界的サッカープレイヤーであるメッシ氏をアンバサダー迎えた事で知った人も多いかと思います。

SIRIN LABSは2017年に170億円にも及ぶ資金調達を行い、世界初のブロックチェーンスマートフォン「FINNY」の開発に着手しましたが、2018年11月の発売に向けて新デザイン、というより最終デザインを発表します。

 

FINNYはマルウェアやハッキングによる仮想通貨流通を防ぐ為のセキュリティを実装している「セーフスクリーン」を標準搭載しています。

 


事前の情報通りOSはAndroidをベースにした独自OSである「SIRIN OS」を採用し、次の4つの機能を搭載しています。

 

1:コールドウォレット内蔵
2:マルチレイヤーの総合サイバーセキュリティスイート搭載
3:トークンコンバージョンサービス(TCS)
4:DAppストア

 

セーフスクリーンをスライドする事でコールドウォレットの起動が可能で、DAppストアでアプリの購入・課金・その他決済や送受金を安全に行う事が可能です。
これまで仮想通貨売買に際しては、取引所を利用する必要がありましたが、FINNYを利用する事で手軽に売買が可能になります
この機能が洗練されるに連れて、もしかしたら仮想通貨取引所が廃れる、という時代が来るかもしれませんね。

 

スマートフォンの開発自体はFIHモバイル(Foxconn International Holdings:鴻海子会社)で行われており、SIRIN LABS自体はコールドウォレットとSIRIN OSの開発という具合に分担しています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ロシアの情報機関のハッカーがマネーロンダリングにビットコインを利用? 安全神話が崩れる?

仮想通貨の匿名性については以前から、マネーロンダリングやテロ資金供与に利用される可能性について指摘・ …

tokenNEWS
CFA協会のアナリスト試験に仮想通貨とブロックチェーンのトピックが追加! 徐々に浸透してきた模様

CFA協会と言えば、投資に関する国際資格の認定を行う団体ですが、そのCFA協会が実施する認定証券アナ …

tokenNEWS
マルタにビットコインATMが登場!仮想通貨と現金の相互の両替は世界初?

バイナンスの誘致以降、正に飛ぶ鳥の勢いの様に話題が尽きないマルタですが、世界初となる「仮想通貨と現金 …