韓国の仮想通貨交換所「ビッサム」で35億円分の仮想通貨が流出!

tokenNEWS

韓国の大手仮想通貨交換所である「bithumb(ビッサム)」が、約35億円規模の仮想通貨が19日から20日未明にかけて盗難にあったと発表しました。
盗難に至る詳しい経緯は続報待ちとなっています。

 

今回の盗難で被害を受けた顧客に対しては、ビッサム側が補填する事表明し、顧客の通貨について盗難防止措置をとったとしています。
ビッサムでは安全が確認されるまでは入出金手続きを停止するとしています。

 

韓国政府直属の韓国インターネット振興院によれば、ビッサムより前に他の仮想通貨交換所「コインレイル」でもハッキングによる仮想通貨の被害申告があり、保有量の30%が盗難されて400億にのぼる被害額があったとしています。

 

韓国では2017年北朝鮮によるサイバー攻撃で数百億ウォンにものぼる仮想通貨の被害がでています。
また、韓国に限らず現在は世界中の仮想通貨交換所でハッキングやブロックチェーン攻撃、51%攻撃等による仮想通貨の不正流出が出ており、PoWによるマイニングの限界や新しい対策求められています

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ロシアの情報機関のハッカーがマネーロンダリングにビットコインを利用? 安全神話が崩れる?

仮想通貨の匿名性については以前から、マネーロンダリングやテロ資金供与に利用される可能性について指摘・ …

tokenNEWS
CFA協会のアナリスト試験に仮想通貨とブロックチェーンのトピックが追加! 徐々に浸透してきた模様

CFA協会と言えば、投資に関する国際資格の認定を行う団体ですが、そのCFA協会が実施する認定証券アナ …

tokenNEWS
マルタにビットコインATMが登場!仮想通貨と現金の相互の両替は世界初?

バイナンスの誘致以降、正に飛ぶ鳥の勢いの様に話題が尽きないマルタですが、世界初となる「仮想通貨と現金 …