BitConnect(ビットコネクト)が破綻!ポンジスキームという噂の真相は?

tokenNEWS

昨年、ビットコインの躍進のおかげで普段投資をしない層にも「仮想通貨」という単語が知られるところとなりました。
ICOによる資金調達が進み、様々な仮想通貨が発行されるようなってきた裏で、資金調達方法を悪用する業者も存在します。

その中で今「ポンジスキームではないか?」と噂されている「BitConnect(ビットコネクト)」という仮想通貨があります。

一時的にに400ドルまで値を上げたにも関わらず、現在は20ドルまで急落してしまったBitconnectという仮想通貨のお話しをします。

BitConnectはポンジスキームなのか?

ビットコネクトは2016年11月にICOを実施した「プロジェクトの総称」で、このプロジェクトの中で発行される仮想通貨が「Bitconnect(BCC)」です。

BCCは最大通貨供給量を2800万と上限を定めて発行しました。

ビットコネクト公式サイトには、「ビットコネクトとは何なのか?」と言った解説こそあれ、運営元や責任者についての情報は記載されていません。
公式サイトにはビットコネクトの仕組みについて次の様に説明されています。

BitConnect- A self regulated Financial system​
BitConnect is an open source all in one bitcoin and crypto community platform designed to provide multiple investment opportunities with cryptocurrency education…

訳:ビットコネクトは、ビットコインそして仮想通貨コミュニティーのためのプラットフォームであり、仮想通貨に関する教育を行いながら複数の投機機会を提供するために作成されたものです。

公式サイト:https://bitconnect.co/bitconnect-learning/1/what-is-bitconnect

つまり、なんのことだかサッパリ分からない内容になっています。
元々方向性があるのだか無いのだか分からない仮想通貨だったわけですが、BCCが価値を上げた理由は、

BCCの貸付で利息を得る

ビットコネクトは公式サイトで、ステーキングというビットコネクトを所持している事で利子を得る方法、ビットコネクト自体の相場に合わせてトレードを行って得る利益を得る方法、ビットコネクトのマイニングで利益を得る方法の3つの側面があると解説しています。

ステーキングに関しては、ビットコネクト専用ウォレットである「Bitconnect-QT wallet」に購入したBCCを保管しておくことで以下の図の様な利子がつくと説明されています。

二つ目と三つ目に関しては他の仮想通貨を投機目的で得た場合の利益獲得手段と変わらない為、通貨としても投機としても全体で見れば大きくメリットがある様には思えませんが、なぜビットコネクトの価格が400ドルまで伸びたのでしょうか?

仮想通貨としてなんの特色もないビットコインの市場価格が伸びた裏にはビットコネクトの特徴である「レンディング」による利益というシステムが存在します。
(*記事執筆中に公式サイトからレンディングに関する記載が削除されました)


*ビットコネクトのレンディング

レンディングとは書いて字の通り、購入等で得たBCCを第三者に貸付することで、貸し付けた額に応じて利子が払われるシステムです。

前述の通りレンディング機能は2018年1月に廃止されており、この特徴を失ったビットコネクトは暴落を起こしています。

ビットコネクトの市場価格の上昇からレンディングの廃止による大暴落までの一連の流れは「ポンジスキームでは?」という指摘がされています。

ポンジスキームとは?

ポンジスキームは詐欺の一種で、簡単に言えば自転車操業の様なものです。

「出資を元に運用をして出資者に還元する」として資金を集めても、実際には資金運用を行わず、後から加わった出資者からの資金で古い出資者に配当を支払う事で出資金を運用して利益を出しているかの様に見せる手法です。

当然後から参加した人の資金をアテにするため長く続く事はなく、配当が払えなくなり、破綻してしまいます。

ビットコネクト(BCC)のレンディング機能廃止の原因は?

ビットコネクトのレンディング機能の廃止は前述の通りですが、理由は公開されていません。
正式に公表はされていないという前提になりますが、レンディング機能の廃止はテキサス州とノースカロライナ州の証券当局から『違法』と指摘があったからという憶測があります。

真偽はどうあれ、BCCの価格は最高400ドルから20ドルまで下落する事になります。
参考までに日本ではマウントゴックスのビットコイン流出事件がありましたが、その時のビットコイン価格の下落が90%程なので、それを超える大暴落となっています。

ビットコネクトが大暴落した後、BCCに代わる「BitconnectX」のICOを行うという発表がありました。
仮想通貨として「BCCからレンディング機能と取り除いて送金速度が向上した物」という事ですが、BCCそれ自体と大差はないように見受けられます。

ビットコネクトは果たしてポンジスキームを利用した詐欺だったのか?

ビットコネクトのICOからプラットフォームの閉鎖までの流れだけで見れば詐欺であった可能性はかなり高いとは考えています。

しかしながら。ビットコネクトによって利益を得た利用者がいる為、詐欺だったと断言できるかというと必ずしもそうではないと思います。

BCCに代わり、BitconnectXが発表されているわけですが、これで巻き返しがあるのか注目です。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ブロックチェーンのスタートアップ企業「ハイパーチェーン(趣链科技)」のユニコーン入りは確実

杭州といえば、ブロックチェーン関連企業の起業が盛んな地域です。 その中でも一際注目を集めるているのが …

tokenNEWS
七夕に仮想通貨イベント「ホリエモン仮想通貨祭り」開催!

実業家の堀江貴文氏が、仮想通貨取引のプロやブロックチェーン技術の有識者等を招いて議論をする「ホリエモ …

tokenNEWS
米VISAが欧州のフィンテックの迅速な参加手続が可能に!

クレジットカード大手のVISAが、欧州のフィンテック企業が自社のネットワークへの参加手続きを迅速に行 …