ビットコインは年末に6万ドル? 強気な予想には自信あり

tokenNEWS

ビットコインを保有している人や夢を託して購入しようとしている人からすると、2017年末から2018年頭にかけての価格、もしくはそれ以上の価格に夢を見たいものだと思います。
勿論わたしを含めてです。

 

今年は既に半分が終わり後半戦に突入していますが、全体的に芳しくない相場が続いている為、どうしても価格が上がる・下がるの情報に目が行ってしまいますが、ここにきて強気な発言を出す人もかなりいます。
その一人が仮想通貨関連のスタートアップ「Tenx」の共同創業者であるジュリアン・ホス氏です

ホス氏は自身の「年内ビットコイン6万ドル説」についてまだ自信がある事をCNBCへのインタビューで語っています。
6万ドルと言う事は7月13日時点で大よそ1BTC = 673万円と、昨年のピーク時の3倍近い価格なので、これが実現するとすればこれはとても夢がある予測です。

 

ホス氏は自身の予想についての根拠、というより条件として「ビットコインの上場投資信託(ETF)の実現」等のポジティブな発票があった場合としています。
これらの発表が無い場合はもう少し時間がかかると述べており、遅かれ早かれ到達数字であるという認識は変わらない模様です。

 

現在の仮想通貨市場に見られる極端な相場の上下について、内容のはっきりしないプロジェクトがふるいにかけられている状況という私見を述べていて、これはある程度市場が成熟するまでは続くと見ています。

twitterの反応

やはり6万という数字は魅力的で、「そうなるといいね!」みたいな反応も多いですが、反面やや冷めた発言も目立ちます。

言ってみれば相場の予測って「上がる」も「下る」もみんながみんな言いすぎて、下手な鉄砲も数うちゃ当るみたいな雰囲気になっていますからね。

 

ただ、これまで悪材料ですぎだった事から考えても好材料が良いペースで出てくる事で再び大きく値を上げる事も十分可能という判断ですね!

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
2018年7月21日21時からG20会議が開催!仮想通貨の議題とは?

本日21時からG20会議が開催、開催されるというか「また」開催されます。 今回の会議では議題に仮想通 …

tokenNEWS
ベトナム中央銀行が、仮想通貨マイニングマシンの輸入を停止!

2018年6月7日のこちらの記事にて、ベトナムに於けるマイニング機器の輸入提言が出された事は比較的記 …

tokenNEWS
GMOが最新技術を盛り込んだネット銀行の運営を始める

日本だとあまり盛り上がっていないジャンルと言えばIoT、人工知能(AI)さらにブロックチェーンや仮想 …