Binane(バイナンス)に登録してないの?メリットデメリットから登録方法まで解説!

tokenNEWS

仮想通貨取引をしていると、「〇〇は取り扱っていないのか~」とか思う事はありませんか?あるという前提で進めちゃいますが、日本の取り扱い通貨って実はものすごく種類が少ないんですよね。

なので、いろいろ弄っていると海外の取引所に目を向ける事になるのですが、わたしからの提案はBinanceを利用しませんか?という事です。

わたしが唯一利用している海外の取引所なので、かなりお勧めです!

Binance(バイナンス)とは?

Binanceは2017年7月に開設した、中国に拠点を持つ仮想通貨取引所で、9月から日本語に対応が始まり、日本支社の開設も予定されている今注目の取引所です。

海外の取引所というと、BittrexやPoloniexが有名ですが、Binanceは開設からわずかヶ月で世界1位の出来高に到達し、取扱通貨が100種類以上と、圧倒的な利便性を誇るのが特徴です。

Binance(バイナンス)のメリットは?

取扱通貨が多い


取扱通貨が100種類以上というのは前述の通りで、日本の取引所だと最大でもコインチェックの13種類なので、アジアの取引所でも群を抜く取扱通貨の多さだという事が分かると思います。

ちなみに、海外の取引所に限定するならBittrexが200種類以上上場していますがBinanceがBittrexを抜くのも時間の問題だと思っています。

Binanceは新しく取り扱う通貨をユーザーによる投票で決めるので、文字通り「いらない通貨」は上場しないので、有望な通貨が出現すればどんどん上場しますね。

手数料がとても安い

Binanceの取引手数料は0.1%で、とても安く設定されています。
Poloniexが0.15%~0.25%、Bittrexが0.25%と考えると半分以下という恐るべき手数料であることがわかると思います。

さらに、Binanceは独自の通貨である「BNBトークン」を発行していますが、BNBトークンで手数料を支払う事で0.1%という最安値に近い手数料が50%引き、つまり0.05%の手数料になります。

ビットコインの分裂時に付与される可能性が高い

12月はビットコインの分裂が多数予定されています。

Binanceは分裂の度に新しく誕生したコインの不よを積極的に行っている過去がある為、12月以降Binanceにビットコインを預けておくことで、勝手に資産が増えるかもしれません。

わたしがBinanceをメインに使っているのは実はここが理由で、分裂時の対応がユーザーにとって利益を出せる内容になっているのです。

・10月24日 Bitcoin Gold分裂時
Binanceはいち早くビットコインゴールドの付与とBinanceへの上場を発表。

・11月24日 Bitcoin Diamond分裂時
BinanceはBitcoin Diamondのチェーンが安全と判断された後。1BTCにつき10BCDを付与すると発表しました。

11月26日時点で1BCD = 10,000円なので、1BTCをBinanceに預けていただけで10万円分の利益を得た事になります。

bitcoin Diamondは取り扱っている取引所がほとんどない為、こういった対応を迅速に取れるのはメリットだと言えます。

こういった出来事がった事も踏まえて、10月以降に予定している分裂にも、同様のフォークコインが付与される可能性が高いと考えられます。

アプリが使いやすい

Binanceのアプリでは、100種類以上のアルトコインを取引所売買が可能になっています。

CoincheckやbitFlyerのアプリでもアルトコインは購入可能ですが、販売所形式である為手数料が2~8
と非常に高くなります。

Binance(バイナンス)のデメリットは?

上海の取引所である

2017年9月に中国で仮想通貨取引所が禁止され、多くの取引所が閉鎖をされたのは知られていますが、今後中国の規制でさらに影響が出てくる可能性も高いです。

Binanceでも一部トークンの取引が停止されています。

Binance(バイナンス)の登録方法

binanceの登録に関しては、出金額の上限を撤廃が必要でなければメールアドレスの登録だけで、本人確認書類の提出は不要です。

文字通り数分で登録が完了するので、登録しておきましょう。

Binanceへアクセス

Binanceにアクセスすると

画面上部に「Regster」というリンクがあるので押します。
そうするとメールアドレスとパスワードを入力する画面になるので、入力したら「I agree to Binances`s Terms Of Use(利用規約に同意する)」にチェックを入れて、「Register」を推します。

メールの確認

入力したメールアドレスに確認メールが届くので、「Verify Email」を押すとアカウントが有効になるので、ログインしましょう。

Binance(バイナンス)について思う事

これまでCoincheckを利用していましたが、今では完全にBinanceです。

BinanceならBNBトークンで手数料も支払えるので、手数料を抑えて無駄な出費を削減できます。

簡単に登録可能なので、是非Binanceを使ってみてください!

日本国内の取引所

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ソフトバンク 孫正義会長「ブロックチェーンや仮想通貨は準備、開始している」

ソフトバンクの孫正義会長が仮想通貨やブロックチェーンについて「グループの会社が続々と準備し、開始して …

tokenNEWS
AmazonがCENNZと提携を発表で爆上げ!

Amazonがどこと組むのか? というのは以前から度々話題になっていましたが、BTCやETH等の候補 …

tokenNEWS
ナスダックCEOがICOに関して否定的な発言

ナスダックのアデナ・フリードマンCEOがICOに対して否定的な意見をしました。 アメリカの主要な株式 …