第7回 Binance投票が終了!気になる1位は?

tokenNEWS

次に上場する銘柄を決める「Community Coin of the Month」の7回目の投票が5日間行われ、19日午前9時に結果が出ました!

 

7回目の投票では全投票の40%超を獲得する圧倒的な支持を得てPundi X (NPXS)が1位になりました!
過去、バイナンスに上場した仮想通貨は軒並み暴騰をしているので、この投票結果を受けてBinanceが上場決定したら高騰しそうですね!

 

ちなみに、過去の投票では1位以外の通貨も上場しているケースも少なからずあるので、Fusion (FSN)も望みがあるかもしれないので要チェックです!

 

1位のNPXSの特徴って?

NPXSは簡単に言えば「NEM」をベースに開発された、日常決済への利用を目的とした通貨で、インドでは普及が進んでいる事から知名度はかなりあります。
既にPOSシステムを完成させている点もポイントが高いですね!

 

NPXSは仮想通貨でありながら、コンビニやスーパーのPOSと同じ仕組みで、買い物情報の管理が出来て、一日の売り上げの管理から販売情報の管理・蓄積が可能です。
PundiXのPOSは顧客側と店側の端末に決済情報を記録する事が可能です。

 


見た目はシックなデザインです。

対応している通貨は

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • XEM(ネム)
  • QTUM
  • ACT
  • XLM
  • NPXS

で、加えてERC20やQRC20系のトークンに対応という感じでかなりカバーしています。

 

NPXS自体が仮想通貨を日常決済に普及させる為のプロジェクトでもある事から、今後NPXSの価値は採用する店舗の普及具合で変わりますが、似た様なプロジェクトである「Omise GO」が順調に時価総額を伸ばしている事を考えるとかなり将来性があるのではないでしょうか?

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ロシアの情報機関のハッカーがマネーロンダリングにビットコインを利用? 安全神話が崩れる?

仮想通貨の匿名性については以前から、マネーロンダリングやテロ資金供与に利用される可能性について指摘・ …

tokenNEWS
CFA協会のアナリスト試験に仮想通貨とブロックチェーンのトピックが追加! 徐々に浸透してきた模様

CFA協会と言えば、投資に関する国際資格の認定を行う団体ですが、そのCFA協会が実施する認定証券アナ …

tokenNEWS
マルタにビットコインATMが登場!仮想通貨と現金の相互の両替は世界初?

バイナンスの誘致以降、正に飛ぶ鳥の勢いの様に話題が尽きないマルタですが、世界初となる「仮想通貨と現金 …