Binanceがchiliz(チリーズ)に投資! eスポーツ業界もブロックチェーン化が進行中?

tokenNEWS

既に仮想通貨取引所の運営だけではなく、ファンドとしても動き始めているBinanceですが、新しい分野への投資をしたことで注目されています。

eスポーツというのは、様々なジャンルの家庭用ゲームでプレイヤーが対戦し、好成績を収めたチームや人に賞金が贈られる新しいジャンルのスポーツで、日本ではストリートファイターシリーズ有名なウメハラこと梅原大吾さん等が有名であり、日本のeスポーツの開拓者でもあります。
日本ではゲームをスポーツとして認めないという風潮が強く、まだ市場規模が小さいのですが、世界では数千万や億単位の賞金が贈られる大会も開かれる等、盛り上がりを見せています

 

今回Binanceはeスポーツというジャンルではなく、eスポーツファンに投票権を与えるプラットフォームであるchiliz(チリーズ)に対して投資をした事が明らかになりました。
現在のところ投資額は公表されていません。

 

chilizはトークンを所有しているファンが、応援しているチームのマネージメントに影響力を与える事が出来るプラットフォームです。
ビデオゲーム業界の市場規模が1100億ドルで、今後ブロックチェーン技術の採用が一層進むことが予想されています。

 

バイナンスとチリーズは選手ではなくファンを主役にした、チームに影響を持てるトークンエコシステムの導入を進める方針です。
今回投資を通じて協力関係となった両社ですが、技術の相互提供する関係としてお互いを高く評価しており、期待をしています。

twitterの反応

ツイッターではかなり騒がれていますね! あくまで「戦略的パートナー」ではありますが、チリーズがバイナンスに上場する可能性は上がったと見ても良いかもしれませんし、その話題が多い印象です。 eスポーツという新興の分野にバイナンスが絡む事でチリーズが今後どういう方向へ動くのかが注目されますね。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
Bitcoin(ビットコイン)はやはり価格操作されていた? テキサス大学教授が論文を発表!

現時点で仮想通貨の全盛期がいつかと聞かれたら、十中八九2017年末を挙げる人がほとんどだと思います。 …

tokenNEWS
アント・フィナンシャルが140億ドルの資金調達に成功!

世界大手ECサービスを展開しているアリババグループが仮想通貨関連の資金調達に成功しました。 資金調達 …

tokenNEWS
カザフスタンが仮想通貨を「規制」しながら「技術革新」の支援をする方針!

カザフスタンの経済特区の最高責任者であるカイラット・カリエフ氏は仮想通貨やブロックチェーンの技術革新 …