ラム酒製造メーカー「バカルディ」の後継者がブロックチェーンのエンタメ事業に1億ドル投資!

tokenNEWS

ラム酒製造メーカーバカルディのモニカ・バカルディ氏が、ブロックチェーンを活用したソーシャル・エンターテインメント・プラットフォームに1億ドル(約109億円)相当の投資を行いました。

 

バカルディ社によると、バカルディ夫人はプラットフォーム「TaTaTu」はブロックチェーン技術と仮想通貨の将来性に対する信頼を確固たる物にすると述べたとしています。
TaTaTuはコンテンツの視聴や投稿に対してトークンによって報酬を与える事で、ビデオ・オン・デマンドサービスやプラットフォームを利用する視聴者にインセンティブを与え、広告主はプラットフォーム上で広告費を支払う事も可能です。

 

TaTaTuによれば、従来のビデオストリーミングサービスは違法な著作権侵害行為を奨励した物が多いが、ブロックチェーン技術は権利保有者に対して、より高いレベルの透明性を与える事が出来るとしています。

 

コンテンツを視聴する際に、提供するデータを収益化するチャンスをユーザーに与えるという試みは、EUの一般データ保護規則を背景として構想された物だと思われます。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
南アフリカ警察が、投資家2万8千人に被害を与えた仮想通貨ポンジ・スキーム疑惑を捜査!

南アフリカ警察が、大規模な仮想通貨投資詐欺疑惑を追跡しているという声明を発表し話題になっています。 …

tokenNEWS
EOSメインネット移行目前!ユーザーの過半数が未登録状態。EOSトークンのスワップ方法を纏めてみた

EOSは6月初頭に1年間行っていたICOを終了し、メインネットに移行します。   メインネ …

tokenNEWS
中国の深セン市とテンセントが提携してブロックチェーンを利用した脱税対策へ!

深セン市国家税務局は、ブロックチェーンを利用した脱税対策と税務管理の効率化の為にテンセントと提携、智 …