ラム酒製造メーカー「バカルディ」の後継者がブロックチェーンのエンタメ事業に1億ドル投資!

tokenNEWS

ラム酒製造メーカーバカルディのモニカ・バカルディ氏が、ブロックチェーンを活用したソーシャル・エンターテインメント・プラットフォームに1億ドル(約109億円)相当の投資を行いました。

 

バカルディ社によると、バカルディ夫人はプラットフォーム「TaTaTu」はブロックチェーン技術と仮想通貨の将来性に対する信頼を確固たる物にすると述べたとしています。
TaTaTuはコンテンツの視聴や投稿に対してトークンによって報酬を与える事で、ビデオ・オン・デマンドサービスやプラットフォームを利用する視聴者にインセンティブを与え、広告主はプラットフォーム上で広告費を支払う事も可能です。

 

TaTaTuによれば、従来のビデオストリーミングサービスは違法な著作権侵害行為を奨励した物が多いが、ブロックチェーン技術は権利保有者に対して、より高いレベルの透明性を与える事が出来るとしています。

 

コンテンツを視聴する際に、提供するデータを収益化するチャンスをユーザーに与えるという試みは、EUの一般データ保護規則を背景として構想された物だと思われます。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
2018年7月21日21時からG20会議が開催!仮想通貨の議題とは?

本日21時からG20会議が開催、開催されるというか「また」開催されます。 今回の会議では議題に仮想通 …

tokenNEWS
ベトナム中央銀行が、仮想通貨マイニングマシンの輸入を停止!

2018年6月7日のこちらの記事にて、ベトナムに於けるマイニング機器の輸入提言が出された事は比較的記 …

tokenNEWS
GMOが最新技術を盛り込んだネット銀行の運営を始める

日本だとあまり盛り上がっていないジャンルと言えばIoT、人工知能(AI)さらにブロックチェーンや仮想 …