中国版グーグル「百度(バイドゥ)」がマイニングのエネルギー消費軽減を狙った新技術を開発

tokenNEWS

中国のネット検索最大手である「百度(バイドゥ)」がブロックチェーン技術開発により、マイニングで消費されるエネルギー消費の削減を狙った新しいプロトコルを開発しています。

 

先週行われたカンファレンスで、バイドゥのブロックチェーン部門の主任科学者シャオ・ウェイ氏が「スーパーチェーン(Super Chain)」という名称を明らかにしました。

バイドゥは2018年1月にブロックチェーン・アズ・ア・サービス(BaaS)を立ち上げており、バイドゥが仮想通貨を利用した実験を強化していく方針である事が分かります。

 

ウェイ氏はスーパーチェーンについてビットコインとイーサリアムに対応しているとした上で「エネルギー問題を解決する為のコンセンサス・メカニズムの導入と削減が可能」述べています。

4月、バイドゥは画像の財産権を保護する事を目的としたブロックチェーン技術を基盤とした、プラットフォームを立ち上げました。

 

この他、中国の大手企業や、習近平国家主席がブロックチェーン技術の可能性に言及する等、中国ではブロックチェーンに対する熱が高まっており、中国当局は厳しい姿勢を見せつつ、規制強化に向けて動きを加速させています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ブロックチェーンのスタートアップ企業「ハイパーチェーン(趣链科技)」のユニコーン入りは確実

杭州といえば、ブロックチェーン関連企業の起業が盛んな地域です。 その中でも一際注目を集めるているのが …

tokenNEWS
七夕に仮想通貨イベント「ホリエモン仮想通貨祭り」開催!

実業家の堀江貴文氏が、仮想通貨取引のプロやブロックチェーン技術の有識者等を招いて議論をする「ホリエモ …

tokenNEWS
米VISAが欧州のフィンテックの迅速な参加手続が可能に!

クレジットカード大手のVISAが、欧州のフィンテック企業が自社のネットワークへの参加手続きを迅速に行 …