オーストラリアとニュージーランドの中央銀行が採用するのはリップル?それともステラ?

tokenNEWS

6月末に、オーストラリアとニュージーランドの中央銀行が将来的に独自の仮想通貨を発行する可能性について触れています。
そして専門家によれば、両中央銀行がXRPを採用する可能性が高い事を指摘しています。

まず、周知の事実を一つ挙げるとするなら、Bitcoinは処理速度が遅い為、迅速さを求められる決済には不向きである事から選択肢として外れます
さらに現在、送金分野でリップルに対抗しうる選択肢は限られてきます。

 

こう考えると選択肢の一つ目はXRPで、その対抗馬が何かが問題になってくるわけですが、現状Rippleに対抗できるのはRippleの技術を基にして開発されたStellarとなります。
ステラはリップル同様に銀行による送金分野に力をいれており、世界中の銀行と提携を取っているからです。

 

現時点で国際送金のテストまで終えているリップルが頭一つ分抜き出ているのは否めない物の、リップルは金融機関や法人を主な客層にしている事に対し、ステラは個人を対象にしている事から、両銀行がどちらを採用してもおかしくないのが現状です。
一応、ステラは少額決済を主な目的とし、決済速度はリップルよりも早いとされていますが、Rippleでも十分過ぎる速さを持っている為、ほとんど誤差程度と言える為、これは判断基準にはならないのではないでしょうか?

twitterの反応

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ロシアの情報機関のハッカーがマネーロンダリングにビットコインを利用? 安全神話が崩れる?

仮想通貨の匿名性については以前から、マネーロンダリングやテロ資金供与に利用される可能性について指摘・ …

tokenNEWS
CFA協会のアナリスト試験に仮想通貨とブロックチェーンのトピックが追加! 徐々に浸透してきた模様

CFA協会と言えば、投資に関する国際資格の認定を行う団体ですが、そのCFA協会が実施する認定証券アナ …

tokenNEWS
マルタにビットコインATMが登場!仮想通貨と現金の相互の両替は世界初?

バイナンスの誘致以降、正に飛ぶ鳥の勢いの様に話題が尽きないマルタですが、世界初となる「仮想通貨と現金 …