オーストラリアが、仮想通貨投資家に対する徴税体制の強化

tokenNEWS

オーストラリア国税庁(ATO)が、仮想通貨で利益を得ている投資家に対する徴税を強化している事を認めました。
ATOはデータマッチングを利用する事で納税期間中に仮想通貨投資家を判別する方針を掲げていて、これまで匿名性が強かった仮想通貨市場から更なる特定をしていく事を表明しています。

 

Etax.com.auのリズ・ラッセル上級課税官は、ATOは仮想通貨投資家が払うべき税金を過不足無く払っているか確認する為の準備を取っていて、オーストラリア国民が仮想通貨の利益によって払うべき税金を支払わせるためのデータマッチングを強化していく事を表明しています。

 

ATOは仮想通貨を資産として明確に扱っている事から、仮想通貨の売買による利益は資本利得税が適用されます。

仮想通貨は昨年末に高騰しましたが、現在はその半分にも満たない価格まで落ち込んでいる為、利益と損失の両方が存在します。
ラッセル上級課税官は通貨を売却した事で発生した損失は、仮想通貨や株を含めた他の資産の利益から差し引く事が出来ると述べています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
2018年7月21日21時からG20会議が開催!仮想通貨の議題とは?

本日21時からG20会議が開催、開催されるというか「また」開催されます。 今回の会議では議題に仮想通 …

tokenNEWS
ベトナム中央銀行が、仮想通貨マイニングマシンの輸入を停止!

2018年6月7日のこちらの記事にて、ベトナムに於けるマイニング機器の輸入提言が出された事は比較的記 …

tokenNEWS
GMOが最新技術を盛り込んだネット銀行の運営を始める

日本だとあまり盛り上がっていないジャンルと言えばIoT、人工知能(AI)さらにブロックチェーンや仮想 …