未来予測市場「Augur」がメインネットに移行!

tokenNEWS

日本での購入が不可能となったAugurですが、7月10日にメインネットの立ち上げを行いました
2015年にICOを実施してから凡そ3年目にしてついに本格稼働となります。

Augurはイーサリアムのスマートコントラクトを利用したプロジェクトで、仮想通貨・ブロックチェーンを利用することで参加者に対して公平なギャンブルを提供する事を目的としたプロジェクトです。
内容はとても簡単で、未来に起こる出来事を予測しお金を賭け、予測した未来が正しかったらお金を獲得出来るというものです。

 

トークンの販売を2015年に開始して以降3年のメインネットへの移行と言う事で長く感じた人も多かったと思われますが、ここまで時間がかかった背景には仮想通貨の世界で有名な[The DAO]の事件があります。
The DAOが起きてから、Augurはバグやセキュリティを根本的に見つめなおす事にしました。

その象徴、という程の物ではありませんが、現在Augurプロジェクトのバグ探しの管理は、サンフランシスコに拠点を置くHackerOne社が執り行っており、プラットフォーム上の脆弱性については20万ドルの報酬が与えられるとのことです。
この様に慎重にプロジェクトを進めてきた以上、時間がかかるのはある程度仕方のないことなのだとおもいます。

 

今回のメインネットの開設で更に期待が膨らむAugurですが、問題がないわけではありません。
例えば日本では決済目的に開発されたものではなく、賭博罪が適用される可能性が非常に高く、REPの購入すらできません
こういった国は他にもある事が予測できる為、大きく値を上げるとすればそれは大分先になるのではないか?とも思えます。

twitterの反応

メインネット開設を素直に喜んだり、面白いと評価する声が多い印象です。

また、ツイートにある「Augurのメインネットがローンチ初日にハックされるか?」というウィットに富んだ面白い予測も笑えてきますね。

 

メインネットのローンチまで長い時間を使ったAugurですが、今後の益々の発展に期待です!

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
2018年7月21日21時からG20会議が開催!仮想通貨の議題とは?

本日21時からG20会議が開催、開催されるというか「また」開催されます。 今回の会議では議題に仮想通 …

tokenNEWS
ベトナム中央銀行が、仮想通貨マイニングマシンの輸入を停止!

2018年6月7日のこちらの記事にて、ベトナムに於けるマイニング機器の輸入提言が出された事は比較的記 …

tokenNEWS
GMOが最新技術を盛り込んだネット銀行の運営を始める

日本だとあまり盛り上がっていないジャンルと言えばIoT、人工知能(AI)さらにブロックチェーンや仮想 …