AppleがiPhoneやiPadでのマイニングを禁止

tokenNEWS

Appstoreの改訂内容に、アプリ内での仮想通貨のマイニングを禁止する項目が追加された事が話題になっています。

2018年6月12日現在、この改訂内容の日本語版は出てはいませんが、英語版のガイドラインには次の様に書かれています。

 

Apps may not mine for cryptocurrencies unless the processing is performed off device (e.g. cloud-based mining).
訳:アプリで暗号通貨の採掘を行なうことはできません。ただし、デバイスの外で行なわれるもの(クラウドベースのマイニングなど)は除きます。

 

今回は唐突に禁止事項に追加されましたが、実は2018年3月に仮想通貨のマイニングを勝手に行うカレンダーアプリがAppstoreでリリースされて問題になりました。
元々はアプリの有料機能を無料にする代わりに端末の計算能力をマイニングの為に貸し出すという物だったのですが、マイニングをオフにしても止まらないバグがありました。

 

きっかけはここになるとは思われますが、その後世界中で不正なマイニングを実行させるケースが相次いで発生した為、禁止措置に踏み切ったと推測できます。

同様の措置は、Google Chromeのウェブストアでマイニングを行う拡張機能の一律禁止措置を採っています。

 

twitterの反応

やはり、勝手にマイニングに利用される事は面白くないですし、そういった事からもアップルの対応に賛成するユーザーが多いですね。

普通にマイニングをやろうとしても電気代が嵩みますし、一般人にはメリットがないのを、不正行為で利益を得ようとしているのだから当然と言えば当然です。

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
Bitcoin(ビットコイン)はやはり価格操作されていた? テキサス大学教授が論文を発表!

現時点で仮想通貨の全盛期がいつかと聞かれたら、十中八九2017年末を挙げる人がほとんどだと思います。 …

tokenNEWS
アント・フィナンシャルが140億ドルの資金調達に成功!

世界大手ECサービスを展開しているアリババグループが仮想通貨関連の資金調達に成功しました。 資金調達 …

tokenNEWS
カザフスタンが仮想通貨を「規制」しながら「技術革新」の支援をする方針!

カザフスタンの経済特区の最高責任者であるカイラット・カリエフ氏は仮想通貨やブロックチェーンの技術革新 …