ApertureがICOでコインファームのAML/KYCプラットフォームを採用

tokenNEWS

不動産会社のApertureは、月末に実施予定のICOに向けて、マネーロンダリング防止プラットフォームを運営する英・コインファーム(Cooinfirm)と提携すると同社創業者で共同経営者を務めるアンドリュー・ジュエット氏が語りました。

Apertureは不動産関連の技術開発や東医事業を手掛けており、差し押さえられた住居向け不動産の取得や再生、売却に加えて、小規模投資家に対するローン貸付が含まれています。

Apertureが新しく発行するコイン名はProperty Coinで、ApertureはICOで既存の顧客だけではなく、新しい顧客や投資家の囲い込みを目指しています。

「Property Coinは、ブロックチェーン上で証券化された不動産ローンおよび不動産資産の証券です。米国内でレギュレーションD、米国外でレギュレーションSとそれぞれの規制を受けて投資家に提供される」(ジュエット氏)。これを受けて「AML / KYC分野で技術と実績を持つコインファームと提携した」(同)。

コインファームのプラットフォームは、ブロックチェーン上における仮想通貨の取引に透明性を維持しつつ、コンプライアンスを徹底させることを特徴としています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
2018年7月21日21時からG20会議が開催!仮想通貨の議題とは?

本日21時からG20会議が開催、開催されるというか「また」開催されます。 今回の会議では議題に仮想通 …

tokenNEWS
ベトナム中央銀行が、仮想通貨マイニングマシンの輸入を停止!

2018年6月7日のこちらの記事にて、ベトナムに於けるマイニング機器の輸入提言が出された事は比較的記 …

tokenNEWS
GMOが最新技術を盛り込んだネット銀行の運営を始める

日本だとあまり盛り上がっていないジャンルと言えばIoT、人工知能(AI)さらにブロックチェーンや仮想 …