アメリカ最高裁がビットコインを金銭と分類!

tokenNEWS

アメリカ合衆国最高裁判所で、ビットコインについて言及がありました。
審議の内容自体は労働者のストックオプションが1937年に施行された法律に照らし合わせて課税の対象になるか?というもので直接ビットコインには関係のない物でしたが、審議の中で過半数がストックオプションは金銭報酬ではなく、課税するべきではないとした中で、最高裁陪席判事のJustice Stephen Breyer氏が「ビットコイン、もしくは他の仮想通貨」で給与を支払われる日が来ると述べて、「お金」の定義を拡大して理解すべきという私見を述べると同時に、この主張は他の陪席判事にも支持されています。

 

最高裁判決自体は課税対象とはならないという判断になり、ビットコインについても名前が出てくるだけにとどまった裁判ですが、アメリカの最高裁判所の構成員が仮想通貨をお金の一種だと考えている事は非常に重要だと思われます。
なぜなら今後仮想通貨の資産としての在り方を問う裁判は増加する可能性が高く、ビットコインや他の仮想通貨について最高裁で判断される日も遠からずあることが予想されるからです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ロシアの情報機関のハッカーがマネーロンダリングにビットコインを利用? 安全神話が崩れる?

仮想通貨の匿名性については以前から、マネーロンダリングやテロ資金供与に利用される可能性について指摘・ …

tokenNEWS
CFA協会のアナリスト試験に仮想通貨とブロックチェーンのトピックが追加! 徐々に浸透してきた模様

CFA協会と言えば、投資に関する国際資格の認定を行う団体ですが、そのCFA協会が実施する認定証券アナ …

tokenNEWS
マルタにビットコインATMが登場!仮想通貨と現金の相互の両替は世界初?

バイナンスの誘致以降、正に飛ぶ鳥の勢いの様に話題が尽きないマルタですが、世界初となる「仮想通貨と現金 …