仮想通貨取引所に対する集団訴訟がスタート!訴訟対象は?

tokenNEWS

ハードフォークによって紛失した仮想通貨を取り戻す為に、全仮想通貨取引所に対する訴訟が始まるという事でネット上で話題になっています。
今回の訴訟は5月31日に大阪弁護士会所属の5人の弁護士によるハードフォーク訴訟弁護団によって発表されました。

 

現在ハードフォークによって発生する仮想通貨に関しては取引所によって対応が異なり、大まかに分けるとフォークコインを付与する・相当額を支払う・何もしないの三つになります。
バイナンスの様に「全てのフォークコインに対応する」と明言している取引所の方が少数派ですが、いずれにしても明確な基準やルールが存在するわけではなく、各取引所が判断している事です。

 

仮想通貨の法整備は未完成なところが多く、今回の訴訟も新しい訴訟である事から試験的にコインチェックを相手に東京地裁に訴訟提起をしていました。
これまでに行われた2回の裁判期日が想定通りに進んでいる事から訴訟を本格化したとの事です。

 

今後、ハードフォーク訴訟弁護団は、100万人を超えると予想されている国内の仮想通貨保持者を対象に原告を募った後全国の仮想通貨取引所に対してハードフォークによって誕生した仮想通貨の付与を求める訴訟を順次提起するとしています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ブロックチェーンのスタートアップ企業「ハイパーチェーン(趣链科技)」のユニコーン入りは確実

杭州といえば、ブロックチェーン関連企業の起業が盛んな地域です。 その中でも一際注目を集めるているのが …

tokenNEWS
七夕に仮想通貨イベント「ホリエモン仮想通貨祭り」開催!

実業家の堀江貴文氏が、仮想通貨取引のプロやブロックチェーン技術の有識者等を招いて議論をする「ホリエモ …

tokenNEWS
米VISAが欧州のフィンテックの迅速な参加手続が可能に!

クレジットカード大手のVISAが、欧州のフィンテック企業が自社のネットワークへの参加手続きを迅速に行 …