2018年 ICOによる資金調達額が2017年の総額を超えたと報じられる

tokenNEWS

Bloombergの報道によると、中国やアメリカで規制があったにも関わらず、2018年のICO調達額が2017年の総額を超えたと報道しました。
ケイマン諸島に拠点を置いているEOSトークンを活用したスタートアップである、「Block.one」が一年間行ったICOで40億ドルを調達した事が大きな要因になったと見ています。

 

ICOのデータを確認出来る「Coin Schedule」によると、Block.oneを抜きにしても今年の現時点でのICOの資金調達額は90億円となっており、2017年の40億ドルに満たない調達額からみて倍以上の調達額となっています・

Coin Scheduleの共同設立者であるAlex Michaelis氏はメールで

 

EOSとTelegramのICOが非常に大きな成功を収めた一方で、Telegramはプライベートセールを行っておらず、EOSもセールが終了する前から取引されていたり、いずれも通常のICOではなかった事が特徴である。

 

とコメントしています。
アメリカの規制当局はビットコインの価格操作疑惑で捜査を開始し、アメリカ証券取引委員会はスキャムに対して厳しい姿勢で臨んでいることから、アメリカのICOの規制が今後どうなるか注目されます。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ブロックチェーンのスタートアップ企業「ハイパーチェーン(趣链科技)」のユニコーン入りは確実

杭州といえば、ブロックチェーン関連企業の起業が盛んな地域です。 その中でも一際注目を集めるているのが …

tokenNEWS
七夕に仮想通貨イベント「ホリエモン仮想通貨祭り」開催!

実業家の堀江貴文氏が、仮想通貨取引のプロやブロックチェーン技術の有識者等を招いて議論をする「ホリエモ …

tokenNEWS
米VISAが欧州のフィンテックの迅速な参加手続が可能に!

クレジットカード大手のVISAが、欧州のフィンテック企業が自社のネットワークへの参加手続きを迅速に行 …