ハウステンボスの仮想通貨発行が決定!テンボスコインの上場はある? 電子マネーっぽいけどどうなの?

tokenNEWS

ハウステンボスが仮想通貨を発行するという事でニュースになりましたね。

名称は「テンボスコイン」まだ仮称ではありますが、まんまですね。

 

テンボスコインは電子マネー的な要素から試運転をはじめて、ハウステンボスでのサービス向上の為に現金化からキャッシュレス化に移行します。

現金を持ち歩かなくてもOKな時代到来ですが、USJの方がこういうの早くやりそうな気がしましたがまさかハウステンボスとは思いませんでした。

もうお財布にお金掛ける人が減るのでしょうか?その前にお財布売れない時代になるのでしょうか?

 

最近は欧米の教会でも寄付に仮想通貨を利用しているという事で、その寄付の仕方で徳は上がるのかと疑問に思ったりもしましたが、文字通りそういう時代なのでしょう。

 

テンボスコインの目的
・キャッシュレス化
・サービス向上
・資産運用

 

テンボスコイン 特徴・使い道・メリット
将来的な構想として「仮想通貨」として円やドルなどと両替できる性能を持たせる予定で考えており、「HTBエナジー」を始めとしたグループ会社がテンボスコインを導入可能な仕組みを検証する予定もあるみたいです。

Jコインよりも既に大きな構想もあって仮想通貨としての価値も高く広がりを見せそうな気がするのはわたしだけではないはずです。

 

メモ
・園内の食事・買い物の決済
・円やドルに両替可能
・投資、資産運用

 

2018年に実装されるコインの中ではSコインに似ています。

 

テンボスコイン 買い方・売り方・購入方法 取り扱い取引所
テンボスコインの購入方法は電子マネーのようにチャージさせるので、PASMOやSUICAと同じようなイメージです。

 

最初は電子マネーとしての決済機能からサービス開始されますが、円やドルに交換できる機能を持たせる頃にはコインチェックなどの国内取引所で取り扱いになる事が期待できますね。

 

メモ
・園内の指定場所でチャージ
・取引所未定

 

テンボスコインの上場はいつ
従業員に3ヶ月間付与して決済システムの実証をするところから始めて、この試運転が今年2017年12月中旬から開始予定です。

という事は12月から2018年3月まで検証するって事になるので、それを踏まえると上場時期は以下のようになります。

 

上場時期
・2018年4月以降

 

テンボスコインが上手く行けば、各企業がキャッシュレスを狙った独自の仮想通貨を生み出すと思います。ゆるキャラがそうみたいに雨の後の筍の様に出てくるでしょう、多分。

もはやお財布は持ち歩かず、アップルペイのようにスマホで簡潔する時代は近いかもしれません。

テンボスコインが発行されるまでに現存の仮想通貨に投資する方も増えてきそうですね。

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ブロックチェーンのスタートアップ企業「ハイパーチェーン(趣链科技)」のユニコーン入りは確実

杭州といえば、ブロックチェーン関連企業の起業が盛んな地域です。 その中でも一際注目を集めるているのが …

tokenNEWS
七夕に仮想通貨イベント「ホリエモン仮想通貨祭り」開催!

実業家の堀江貴文氏が、仮想通貨取引のプロやブロックチェーン技術の有識者等を招いて議論をする「ホリエモ …

tokenNEWS
米VISAが欧州のフィンテックの迅速な参加手続が可能に!

クレジットカード大手のVISAが、欧州のフィンテック企業が自社のネットワークへの参加手続きを迅速に行 …