0xとは? トークンの為のプラットフォームです

tokenNEWS

暗号通貨も種類が増えており、あらゆる資産がトークン化されてブロックチェーンを利用したオンライン上の取引で全てが完結する「トークンエコノミー」が割と現実味を帯びる世の中になりました。

0xプロトコルは、多様なトークンを交換するプラットフォームを構築し、「トークンエコノミー」に於けるインフラストラクチャーを目指すプロジェクトです。

0xプロトコルとは?

既にEthereumが誕生してから2年が経ち、500を超える分散型アプリケーションの開発が進められていますが、DApps毎に用いられるトークンは直接の交換が不可能で、ユーザーによって異なるDAppsを超えての移動を妨げる要因になっています。

0xは、トークン交換アプリケーションの構築プラットフォームとして、トークン間の交換を促す事でネットワーク効果を生み出す事を期待しています。

スマートコントラクトを利用して異なるトークンの交換を可能にするEthereumベースのプロジェクトでもあり、従来はの暗号通貨取引所の大部分は中央集権型であり、カウンターパーティリスクが避けられない状況でしたが、0xではオフチェーンチャンネルを活用しながら、自律分散的なトークン交換を実現します。

開発者がトークン交換アプリケーションを構築するプラットフォームとして利用するので、エンドユーザーにとってユーザー向けアプリケーションが構築されるインフラとしての立ち位置です。

開始時はERC20Ethereumトークン」・「MakerDaoトークン」・「Melonトークン」・「0xプロトコルトークン」・「Augurトークン」「Digix DAOトークン」および「Golem Networkトークン」が交換可能トークンになる予定です。

0xの今後はどうなる?

仮想通貨はビットコインから始まり今に至るまで、驚く程多彩な仮想通貨やアプリケーションが開発されていますが、大部分はエンドユーザーを対象に想定されていますが、将来ブロックチェーンを活用したプロダクトが浸透していくにつれて、プラットフォーム・仮想通貨にもインフラ整備が必須となってきます。

現在のAIやIoTの発達にブロックチェーンが組み合わさる事で、スマートコントラクトを通して様々な売買契約やレンタル契約、保険や登記等も自動化されてくる時代が来るでしょう。

独自トークンが発行されたり様々な資産がトークン化されるクークンエコノミーでは、インフラとして0xプロトコルが果たすであろう役割には注目されています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ブロックチェーンのスタートアップ企業「ハイパーチェーン(趣链科技)」のユニコーン入りは確実

杭州といえば、ブロックチェーン関連企業の起業が盛んな地域です。 その中でも一際注目を集めるているのが …

tokenNEWS
七夕に仮想通貨イベント「ホリエモン仮想通貨祭り」開催!

実業家の堀江貴文氏が、仮想通貨取引のプロやブロックチェーン技術の有識者等を招いて議論をする「ホリエモ …

tokenNEWS
米VISAが欧州のフィンテックの迅速な参加手続が可能に!

クレジットカード大手のVISAが、欧州のフィンテック企業が自社のネットワークへの参加手続きを迅速に行 …