秋葉原で強い?Monacoin(モナコイン)について纏めてみた!

tokenNEWS

モナコインは、日本発の仮想通貨で、手軽な送金と高い匿名性をもっています。
2ちゃんねるでお馴染みのモナーをモチーフにした仮想通貨です。

モナコインの特徴

モナコインには

1:ツイートするだけで送金が出来る
2:個人情報を開示せずに送金が出来る
3:秋葉原で強い

の3点の特徴があります。

モナコインは他の仮想通貨とはちょっと趣の違う仮想通貨で、いわゆる投げ銭機能がついています。
ネット上には無料で利用・閲覧できるにも関わらず会員制ではなく、誰でも無料で利用できるサイトが沢山ありますが、そういったサイトに対して投げ銭をする事が出来ます。

デザイナーやアーティスト、絵師と言った方が無料で作品を公開しているサイトに応援という事で投げ銭が出来るという事ですね。

もう一つの投げ銭特徴として、モナコインはtipmonaのシステムを利用する事でツイートをするだけで全く知らない人にMONAを投げる事が出来ます。

モナコインが使える店

実は秋葉原ではモナコインが使える店が数多くあります。
これが一番の特徴なのかもしれませんが、ネタ仮想通貨の様なモナコインですが、実用性を持ったコインでもあります。

まず、Segwitという送金スピードをあげる技術を世界で初めて取り入れた仮想通貨です。
仮想通貨の魁でもあるビットコインもこのSegwitを実装出来るかどうかという話になっていますが、後発の、それもネタコインという扱いを受けていたモナコインがビットコインよりも先に実装というなんだかよくわからない事になっています。

さらに、利用できる店の多さも特徴です。

仮想通貨は1000種類以上あるりますが、実はそのほとんどは開発途中で実際に使えない物が多く、文字通り投機の為、未来の技術の為の物であるのに対し、パソコンショップ、通販、メイド喫茶等、多分現状の日本でビットコインの次くらいには実用性のある仮想通貨となっています。

モナコインはどうなる?

モナコインは他の仮想通貨と違い、ウォレットが無くてもTwitterアカウントがあれば使えます。

そういった部分では非常に異質な仮想通貨である事も事実ですが、それ以上に実用性も兼ね備えたアルトコインなので、今後の展望にも期待が持てます。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ソフトバンク 孫正義会長「ブロックチェーンや仮想通貨は準備、開始している」

ソフトバンクの孫正義会長が仮想通貨やブロックチェーンについて「グループの会社が続々と準備し、開始して …

tokenNEWS
AmazonがCENNZと提携を発表で爆上げ!

Amazonがどこと組むのか? というのは以前から度々話題になっていましたが、BTCやETH等の候補 …

tokenNEWS
ナスダックCEOがICOに関して否定的な発言

ナスダックのアデナ・フリードマンCEOがICOに対して否定的な意見をしました。 アメリカの主要な株式 …