仮想通貨Rippleのエスクローって何?アメックスが合流して今後はどうなる!

tokenNEWS

American ExpressがRippleのネトワークに加入した事が発表されました。


日を追う毎にRippleに注目が集まりますが、今日はxrphodorという方の記事を紹介させていただきます。

元記事はこちら

Rippleの直近の状態


先週、Rippleの一日の平均取引量が90~150%増加しましたが。

何があったのか?
SWELL会議ですか? Rippleが国際的な通貨として台頭したから?それとも金融機関によるxRapidの採用でしょうか?
*X-rapidとは、顧客の評価をを改善したい送金業者や金融機関がXRPを使用することで流動性を高める為のコストを削減できる製品です。

何が原因であったとしても、これらの要素はRippleの日次取引量を継続して増加させています。

Rippleホルダーは新しい時代へと突入し、平均日時取引量は爆発的に増加しています。

投資家の立場として、デューデリジェンスを実施するなら、このタイミングが良いかもしれません。
*デューデリジェンスとは、物件や`の買収を行う際に、その資産価値や想定されるあらゆるリスクや収益を分析・調査することです。

それでは、Rippleの供給側から見ていきましょう。

XRPは誰のものなのか?


Rippleは企業として大量のRippleを保有しています。

数値を見てみましょう。

見ての通り、XRPの過半数はRippleによって保持されていて、2017年にエスクローされると言われています。
*エスクローとは、売りてと買い手の間に第三者を仲介としていれて、条件付で譲渡金額を決済する事です。
*一定期間売却を禁止して市場流通量がロックアップされて、投資家に流通しなくなります。

なぜRippleが600億XRPではなく、550億XRPのエスクローを選んだのかは不思議に思うかもしれません。

RippleとR3における訴訟手続きをチェックしているなら分かるかもしれませんが、この2つの企業は50億XRPをかけて、法廷で争い続けています。

現実的な対処として、Rippleは訴訟の結果が出るまでは上記の金額は利用可能である事を選択しています。

Rippleは、エスクロー額とR3との訴訟関係について公式声明を出す事はないとしているので、これらに関してはただの推測である事を留意してください。

現在、世界中の投資家とRippleのビジネスパートナーには380オクドルのXRPがあります。

Rippleの狙い:健全なXRP市場での立場

Rippleホールディングスが競争力があり、通貨としての存在感も示していく一方で、Rippleの様な集権型を好まない投資家もいます。

Brad Garlinghouse氏のRippleに対する以下の様な注意喚起をしています。

XRPの流動性を構築する為には、例えどの様な手法や形で分裂をしようとも、わたし達は何年にもわたってXRPを見守り続けないといけません。
分散されるXRPが目指すべき到達点は、信頼性・実用性・流動性を確保し、流通させる為のインセンティブを生み出す事でもあります。

他の通貨にたいして取引所内でXRPの価値が高くなる事に比重を置いています。

XRPの価値に対するアピールはまだ始まったばかりなのです。

Rippleの傾向として確実な事は、単独の投資家が独立して、価格に影響を及ぼす事が出来ない健全なXRP市場のの形成をしている事であって、これがRippleが自主的に550億XRPをロックする事を選択した理由です。

エスクローロックアップに関する特徴

Rippleが現在真摯にXRPを供給している頃に感謝しています。

2017年5月に行われたロックアップに関するアナウンスはオーシャルメディア上で好意的に受け止められました。

下の図の通り、XRPの分布曲線は今後の30年間は健全な市場を維持するように見て取れます。

2017年5月にエスクロー構想が伝えられた際、ロックアップの条件は柔軟性がありました。

Rippleに関わる人にとって、2017年年末は気が遠くなるほど長い時間だったかの様に感じたと思います。

しかし、2017年の年末が近づくにつれて、XRP投資家のコミュニティは、エスクローロックアップのニュースを待っています。

ロックアップの条件は、Rippleが10億XRPを毎月送信する事としており、Rippleのこの計画はRippleNet Acceleratoeプログラムの目標とピタリと一致します。

xRapidが普及するにつれて、RippleNetAccelerator Programtractionは年末から2018年初頭にかけて流動性の大幅な向上をしていくでしょう。

XRPウォレットの統計データ

Ripple以外のグループと個人のアカウントをゼロとし、様々なグループによるXRPを持っている上位層を調べてみました。

統計を作るにあたり、XRP投資家コミュニティは、XRPLedgerで実行されるアプリケーションに電力を供給うるAPIを使用しました。

次の統計は、XRP Discordグループの創設者によて提供されました。

彼は、知己的にネットワークを照会してデータを入手し、それを一貫したスタイルに直して、月毎に比較しています。

・トップホルダー
最初のクエリは、XRPの「トップホルダー」をターゲットにして、各ウォレットにどれだけのXRPが保有されているか、反映するカテゴリに分類しています。

・2017年11月初めの最新数値

・2017年9月始めとの比較

これらのチャートに、Ripple社の持分と、恐らく少数であろう大量保有をしている投資家が含まれている事が予測できます。

2カ月間は大きな変化はありませんが、大口のアカウントの総数が減少している事をしめしていますが、時間の経過と同様の現象は進んでいくでしょう。

・ウォレット人口分布
現在、約536,000のアクティブなXRPウォレットがあります。

次にこれらのウォレットを調べてXRPの特定残高を含む、合計の割合を計算し、それらを指定されたカテゴリに配置します。

これらのチャートでは、XRPホルダーの上位1%の中に何が含まれているかを確認します。

2017年11月初め辺りには「上位1%」のXRPホルダーになるには、約185,000XRP以上のXRP残高が必要になりますが、2017年9月の数値と比較してどうでしょうか?

上位1%に入る為には、約201,522XRP以上必要だったことがわかります。

新しく保有者が増えた事で、XRPが分散されていく流れは、わたし達が期待しているトレンドであり、この大きな変化は二ヶ月の間に起きています。

・償却されてしまったXRP
新しい投資家は普通、他の暗号通貨では見つからないXRPの概念に惹かれます。

つまり、トランザクションで使用された純粋な資産として「償却」であって、XRPは各トランザクションによって破壊されます。

その量は少額であり、現在使用されているXRPは10ドロップとされています。

どれほど落ち込むのか?

1ドロップはXRPの100分1であり、換算すると現行料金は0.00001XRP程で、この額は非常に小さいものの、、3400万ledgerが閉鎖されている間に、取引手数料によるXRPの償却は680万XRP程になります。

数こそ非常に少ないものの、金融機関がXRPを橋渡しの為の通貨として採用した場合、XRPの供給は最終的には更に重要性を持つ数量の規模間で減少する事も考えられます。

承認者は費用を変更する事が可能です。

潜在的な投資家がXRPの手数料に監視て持つ疑問は2つあります。

1つは、ソーシャルメディアでは、「XRP-LedgerはXRPを使い果たしてしまうのか?」という質問がたまにあります。

何兆ドルものグローバルな取引量が存在するにも関わらず、現在の料金の構成を維持する為には興味がある疑問ではあります。

2つ目の質問は、ウォレット要件に関係し、「XRP価格が大幅に上昇した場合。当座預金の有効化費用はユーザーにとって高額になるのか?」と言ったものです。

1つ目の疑問に対する回答としては、「XRP-LedgerはXRPを使い果たすことはない」という事です。

2つ目の疑問に対しては、「XRPの高い価格に対応するために、予備としている金額を引き下げる事ができます」

これらの答えは、XRP手数料体系が承認者からの投票に基づいて構成されている、という背景があります。

承認者の一定数が、変更に同意した時点から以後の変更は全て適用されて、承認者は多様な理由、特にXRPの価値の長期的な変化に対応する為、これを実行する可能性もあります。

RippleはXRP-Ledgerを作成した際、グローバルな取引をサポートが出来るようにネットワークを計画していました。

まとめ

投資家、特にBitcoinの不安定性を考慮して自信の投資通貨のポートフォリオを構築していくことが重要です。

ハードフォークに限らず、想定外の価格変動に直面する可能性は常にあるからです。

Bitcoinの最新価格の変動と分裂問題は誕生以降相関関係にあり、そういった点から新しい領域から誕生したBitcoin Cashは、Bitcoinに対して挑戦しています。

これがXRPと南夫関係があるのか?

BitcoinとBitcoin Cashに紐づく、大幅な価格変動は、リフタースケールの様に測定する必要があると考えています。

通常、Bitcoin取引の日常的な取引量は、20億の取引量の範囲で測定されることが予想されており、二日間と限定せず、24時間以内に発生した二つの通貨の取引量は80億ドルを超えていて、これらの膨大な取引量の増加は、ユーザーが待っていた市場の変化を表しています。

この様な大規模な資金移動は、Bitcoinで苦労した政府との競争には遅れていると言えますが、正式に暗号通貨に投資する為の新しいステージに移行した事を示しています。

暗号通貨投資家が水面下でXRPを集める事が出来るタイムリミットが迫っています。

2017年年末には、XRPや他の暗号通貨について興味深い驚きがあります。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ソフトバンク 孫正義会長「ブロックチェーンや仮想通貨は準備、開始している」

ソフトバンクの孫正義会長が仮想通貨やブロックチェーンについて「グループの会社が続々と準備し、開始して …

tokenNEWS
AmazonがCENNZと提携を発表で爆上げ!

Amazonがどこと組むのか? というのは以前から度々話題になっていましたが、BTCやETH等の候補 …

tokenNEWS
ナスダックCEOがICOに関して否定的な発言

ナスダックのアデナ・フリードマンCEOがICOに対して否定的な意見をしました。 アメリカの主要な株式 …