仮想通貨Litecoin(ライトコイン)って何?

tokenNEWS

ビットコインから派生した仮想通貨の一つにライトコインがあります。

今回はライトコインについて解説します。

Litecoin(ライトコイン)って何?

LitecoinはGoogleのエンジニアだったCharlie Lee氏によって開発されたアルトコインで、ビットコインの弱点であった取引スピードを改善して作られた通貨で、取引自体はビットコインと同じで、ブロックチェーン上に記録されていきます。

ビットコインが取引に最低10分かかるという弱点を持っていますが、Litecoinは2分半と、4分の1の時間で取引が可能です。

Litecoin(ライトコイン)とビットコインの違いは?

承認時間が短い

前述の通り、LitecoinはBitcoinの弱点である送金スピードを改善して作られたものです。

マイニングが簡単

取引を承認した事でBitcoinを得る事をマイニングといいますが、一般的にマイニングには高性能PCや機材が必要となります。

しかし、LitecoinはBitcoinに比べて簡単で、一般的なPCでもマイニングが可能という点にあります。

発行枚数

ビットコインの最大枚数は2100マン舞となっていますが、Litecoinは4倍の8400万枚が上限となっています。

Litecoinの承認が早い事から需要も多く、生成される速度を上げており、市場に出回る量も多く、承認時間の短縮で取引の活性化が見込めます。

Litecoinは取引時間が短く、流通量も多く、さらに発行枚数も多くマイニングも比較的簡単という具合に、Bitcoinに比べてメリットの多い通貨ですが、ハッキングや改ざん等セキュリティ面での問題が懸念されています。

ただ、デジタルな通貨である為、今後のアップデートでセキュリティ面の強化に成功すればさらに需要の多い通貨として、実用面・価格共に期待できるものになると思います。

Litecoinで注目を浴びたSegwitについて

Litecoinの価格が上昇した要因にSegwitという物があります。

Segwitというのは、簡単に言えばブロックチェーンの取引処理能力向上の為の技術です。
ブロックチェーンの取引処理能力向上というのは、Bitcoinが登場したころからの課題だったのですが、この課題を解決する為の技術として注目されており、Bitcoinで上手く動作するか確実ではなかったという点、Litecoinでは既に有効であった事から、Bitcoinに対するリスクヘッジとしてLitecoinの価格を押し上げる要因となりました。

Litecoinの将来性はどうなの?

コインの保有者は大部分が中国人ということで、中国ではとても人気がある通貨です。

中国では仮想通貨に対して政府がいい顔をしていないようなので、規制が強くなるのも時間の問題だと思います。

それまでにどれだけ他国での保有者が増えるか、もしくはなんの手違いか中国政府が仮想通貨を全面的に認めたらさらに価格の上昇も見込めるかと思います。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ソフトバンク 孫正義会長「ブロックチェーンや仮想通貨は準備、開始している」

ソフトバンクの孫正義会長が仮想通貨やブロックチェーンについて「グループの会社が続々と準備し、開始して …

tokenNEWS
AmazonがCENNZと提携を発表で爆上げ!

Amazonがどこと組むのか? というのは以前から度々話題になっていましたが、BTCやETH等の候補 …

tokenNEWS
ナスダックCEOがICOに関して否定的な発言

ナスダックのアデナ・フリードマンCEOがICOに対して否定的な意見をしました。 アメリカの主要な株式 …