仮想通貨BATって何?BraveブラウザでBATが稼げる?

tokenNEWS

BATはBraveというブラウザ上でやり取りされるトークンです。
Braveブラウザというのは

こんな感じのブラウザです。
使用感としてはグーグルクロームに非常に近いブラウザですが、特筆すべき特徴があります。

・広告をブロック
・読み込みが早い(しかも計測して表示してくれる)
・使う事でBATがもらえる
・気に入ったサイトに投げ銭が出来る

気に入ったサイトに投げ銭が出来るという変わった特徴が存在します。
直接サイトに対して支援が出来るブラウザというのは非常に珍しいですね。

さらに、BraveはネットサーフィンをするだけでBATがもらえるという機能があり、ネットサーフィンを頻繁にする人にとってはちょっとしたお駄賃がもらえる様な感じで、面白いですね。

しかし、実はネットサーフィンによるBATはまだもらえません。
現在は寄付機能しかなく、Braveブラウザを使用した人が報酬としてBATをもらう機能は2018年末に実装を予定しているみたいです。

これに関しては余談になってしまうのですが、BATとBraveの開発者はFirefoxで有名なMozillaのCTOとCEOを歴任したブレンダン・アイク氏です。
そういった事実からか、2017年5月にBrave社が行ったICOで発行されたトークンは24秒で10億ETH(約3600万ドル)を集めたICOです。

BATとBraveはどうなる?

BATは恐らくBraveを使ってもらうための通貨であると考えられます。

BATの普及とBraveの普及はリンクしており、それぞれが普及すればもう一方の価値も高まるという関係です。

気になる点としては、既にブラウザはグーグルクロームが中心となり、appleユーザーにはsafariが浸透しきっています。
人気は今一つとはいえEdgeも存在しますし、当然FireFoxも現役です。

この中に新たなブラウザが切り込む余地がどれくらい残っているのか?
独自の機能を付加したBraveがどれだけの普及するか楽しみです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ソフトバンク 孫正義会長「ブロックチェーンや仮想通貨は準備、開始している」

ソフトバンクの孫正義会長が仮想通貨やブロックチェーンについて「グループの会社が続々と準備し、開始して …

tokenNEWS
AmazonがCENNZと提携を発表で爆上げ!

Amazonがどこと組むのか? というのは以前から度々話題になっていましたが、BTCやETH等の候補 …

tokenNEWS
ナスダックCEOがICOに関して否定的な発言

ナスダックのアデナ・フリードマンCEOがICOに対して否定的な意見をしました。 アメリカの主要な株式 …