仮想通貨取引所・販売所の違いを解説!人気のZaif、bitFlyer、コインチェックはどっち?

tokenNEWS

仮想通貨を売買する場合、仮想通貨取引所や仮想通貨販売所を使いますが、この二つの違いは何でしょうか?
今回は知っておくと少しだけ得をするかもしれない、取引所と販売所の違いについて解説します!

取引所と販売所の違いは?

仮想通貨を買う時は取引所で買う場合と販売所で買う場合の2種類のケースが存在します。

仮想通貨取引所とは?

取引所は、仮想通貨を買いたい人と売りたい人が互いに売買をする場です。

ユーザー間の取引をする場を提供するだけなのが「仮想通貨取引所」です。

コインチェックはこの取引所にあたり、手数料は安くなります。

仮想通貨販売所とは?

販売所とは、各販売所が保有している仮想通貨を売買します。

販売所の仮想通貨の値段はその日その時に応じて販売所が決める所にあり、会社が保有している仮想通貨を売買するというところから、欲しい時にすぐに入手可能というメリットが存在します。
ただし、取引所での売買よりは手数料が高いというデメリットが存在します。

実はどこも販売所も取引所がある

現在日本で利用者が多いZaif、bitFlyer、Coincheckは販売所も取引所もあります。

違いは価格と手数料ですが、どこを利用するにしても、可能な限り手数料が少ない取引所の方が良いですね。

販売所はどうしてもすぐに欲しい場合等、ある程度限定された場面でのみ利用する事をお勧めします。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
2018年7月21日21時からG20会議が開催!仮想通貨の議題とは?

本日21時からG20会議が開催、開催されるというか「また」開催されます。 今回の会議では議題に仮想通 …

tokenNEWS
ベトナム中央銀行が、仮想通貨マイニングマシンの輸入を停止!

2018年6月7日のこちらの記事にて、ベトナムに於けるマイニング機器の輸入提言が出された事は比較的記 …

tokenNEWS
GMOが最新技術を盛り込んだネット銀行の運営を始める

日本だとあまり盛り上がっていないジャンルと言えばIoT、人工知能(AI)さらにブロックチェーンや仮想 …